『ココロ屋 つむぎのなやみ』(梨屋アリエ)

ココロ屋 つむぎのなやみ (文研ブックランド)作者:梨屋アリエ発売日: 2020/09/30メディア: -2011年に刊行されロングセラーになっている『ココロ屋』の続編が登場。このところちかこからいやがらせを受けているつむぎは、ひろきから車輪のついた扉の先にあっ…

『10分あったら…』(ジャン=クリストフ・ティクシエ)

10分あったら… (文研じゅべにーる)作者:ジャン=クリストフ・ティクシエ発売日: 2020/07/30メディア: -父親の失業のためパリから田舎に引っ越した少年ティムは、二日間の留守番を命じられます。田舎で友だちもいない環境での留守番は、どう考えても楽しいも…

『ドーナツの歩道橋』(升井純子)

ドーナツの歩道橋 (teens’ best selections)作者:純子, 升井発売日: 2020/03/26メディア: 単行本今月になって、衝撃的なニュースが流れてきました。厚生労働省が初のヤングケアラーの実態調査を始めることになったというのです。調査すらなかったということ…

『世々と海くんの図書館デート 恋するきつねは、さくらのバレエシューズをはいて、絵本をめくるのです。』『世々と海くんの図書館デート 2 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき。だいすきです。』(野村美月)

世々と海くんの図書館デート 恋するきつねは、さくらのバレエシューズをはいて、絵本をめくるのです。 (講談社青い鳥文庫)作者:野村 美月,U35発売日: 2020/10/14メディア: 新書世々と海くんの図書館デート(2) 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき…

『火狩りの王 四 星ノ火』(日向理恵子)

火狩りの王〈四〉 星ノ火 (4)作者:日向 理恵子発売日: 2020/09/03メディア: 単行本火に近づくと人体が発火して死んでしまうようになった世界を舞台にしたポスト・アポカリプスSF児童文学の第四部。改造人間たちの狂宴もいよいよ終局に到達しました。 エン…

『いえでででんしゃ、しゅっぱつしんこう!』(あさのあつこ/作 佐藤真紀子/絵)

いえでででんしゃ、しゅっぱつしんこう!作者:あさのあつこ(作),佐藤真紀子(絵)発売日: 2020/03/28メディア: 単行本12年ぶりのシリーズ新作。 冒頭が狂気に満ちていていいです。熱があって学校を休んでいるさくら子は、外で春の嵐が吹き荒れているのを聞いて…

『紙の心』(エリーザ・プリチェッリ・グエッラ)

紙の心 (STAMP BOOKS)作者:エリーザ・プリチェッリ・グエッラ発売日: 2020/08/08メディア: 単行本(ソフトカバー) でも、幸せになれるんなら、わずかな犠牲じゃない? (p162) 恐らく、その方が、己はしあわせになれるだろう。だのに、己の中の人間は、その…

『ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ』(前野 ウルド 浩太郎)

ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ作者:前野 ウルド 浩太郎発売日: 2020/05/20メディア: 単行本(ソフトカバー)学校図書館界隈で評判の高かった光文社新書の『バッタを倒しにアフリカへ』の児童書版が登場。一般向けの新書が児童書化されるのはかなり…

『俳句ステップ!』(おおぎやなぎちか)

俳句ステップ! (こころのつばさシリーズ)作者:おおぎやなぎ ちか,イシヤマ アズサ発売日: 2020/08/27メディア: 単行本クラスでどのグループにも属しておらず、特に秀でたところもなく目立たない小3女子七実には、俳句というひそかな趣味がありました。遠足の…

『ハジメテヒラク』(こまつあやこ)

ハジメテヒラク作者:こまつ あやこ発売日: 2020/08/27メディア: 単行本綿野あみは、小学校時代に他人の恋愛沙汰に関して口が滑ってやらかしてしまい、学校で完全に孤立してしまいました。クラスの輪に入れないあみは、競馬の実況アナウンサーを目指して家出…

『24時間のキョーフ 3 真昼のキョーフ』(日本児童文学者協会/編 軽部武宏/絵)

真昼のキョーフ (24時間のキョーフ)発売日: 2020/09/04メディア: 単行本もしも、食や料理をテーマとしたホラー短編アンソロジーを編むとしたら、どんな作品を入れたいでしょうか。「注文の多い料理店」「特別料理」「定年食」「新鮮なニグ・ジュギペ・グァの…

『世界とキレル』(佐藤まどか)

世界とキレル作者:佐藤 まどか発売日: 2020/09/07メディア: 単行本小学生時代は優等生だった舞は、難関の中学受験に成功します。しかし入学後は周囲の子との階級・能力の格差に絶望し、落ちぶれてスマートフォンに依存してしまうようになります。そんな舞を…

『サンドイッチクラブ』(長江優子)

サンドイッチクラブ作者:長江 優子発売日: 2020/06/26メディア: 単行本 だって、おばあちゃんが言っていた。『なにか悪いことが起きたとき、うちみたいな貧乏で不幸な家族が真っ先に殺されたり、難民になったりする』って。今、世界中で苦しんでいる人たちは…

『保健室経由、かねやま本館。2』(松素めぐり)

保健室経由、かねやま本館。2作者:松素めぐり発売日: 2020/08/05メディア: 単行本傷ついた中学生のための期間限定の湯治場「かねやま本館」で、チバはアツという無二の親友を得て、ふたりで「紅白温度計」というお笑いコンビを結成しました。ところがアツは…

『秘密のノート』(ジョー・コットリル)

秘密のノート: JELLY (児童単行本)作者:ジョー・コットリル発売日: 2020/06/03メディア: 単行本ジェリーは、モノマネが得意な女子。ギャグギャラとしてクラス内の地位を確立しています。そんな彼女ですが、人には言えない悩みをいくつも抱えていました。太っ…

『団地のコトリ』(八束澄子)

団地のコトリ (teens’best selections 54)作者:八束 澄子発売日: 2020/08/05メディア: 単行本主人公の美月は、団地に住む中学3年生。母親とのふたり暮らしは経済的に楽ではなく進路にも不安を抱えていましたが、バレーボールに打ちこんでいてそれなりに充実…

『雨女とホームラン』(吉野万理子)

雨女とホームラン作者:吉野 万理子発売日: 2020/05/22メディア: 単行本占いや迷信をめぐる連作短編集。占いが好きで路地にいる占い師に格安の1000円で占いをしてもらって大喜びする野球少年の話だったり、霊感アピールして人の気を引こうとする女子の話、あ…

『兄の名は、ジェシカ 』(ジョン・ボイン)

兄の名は、ジェシカ (アニノナハジェシカ)作者:ジョン・ボイン発売日: 2020/04/16メディア: 単行本サムの兄のジェイソンは、スポーツマンでみんなの人気者。難読症のサムのために本を読み聞かせてくれるという優しい面も持っていて、サムにとっては自慢の兄…

『雷のあとに』(中山聖子)

雷のあとに (文研じゅべにーる)作者:聖子, 中山発売日: 2020/01/30メディア: -これまたいやな感じの毒親児童文学が出てきました。5年生の睦子が、2年生の時に自分の名前の由来を調べる課題を出されたことを思い出すエピソードから物語は始まります。母が…

『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』(はやみねかおる)

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-作者:はやみね かおる,緒賀 岳志発売日: 2020/07/22メディア: 単行本すべてのはやみね赤い夢ワールドの風呂敷を畳むというふれこみの新シリーズ。多くのファンは半信半疑で手に取ることになるでしょうが…

『フレンドシップ ウォー こわれたボタンと友情のゆくえ』(アンドリュー・クレメンツ)

フレンドシップ ウォー こわれたボタンと友情のゆくえ (文学の扉)作者:アンドリュー・クレメンツ発売日: 2020/07/09メディア: 単行本数学や科学を愛する少女グレースは、不動産業を営んでいるおじちゃんに新しく購入した工場跡地に連れて行ってもらいます。…

『ぼくたちの緑の星』(小手鞠るい)

ぼくたちの緑の星作者:小手鞠 るい発売日: 2020/05/21メディア: 単行本 「教室内では、質問は禁止されています。決められたことには従う。ジュウゾクする。それがこの社会の決まりです。 私たちは今、ひとつの大きな『ゼンタイ・モクヒョウ』に向かって、大…

『青春ノ帝国』(石川宏千花)

青春ノ帝国作者:石川 宏千花発売日: 2020/06/25メディア: 単行本どんな年齢の人間にもその年齢なりの醜さはありますが、14歳の醜さは特に直視がはばかられるものです。石川宏千花は読者の口に手を突っ込んで内臓を引きずり出しそれを見せつけ、おまえはこん…

『エミリーとはてしない国』(ケイト・ソーンダズ)

エミリーとはてしない国 (ポプラせかいの文学)作者:ソーンダズ,ケイト発売日: 2020/03/04メディア: 単行本エミリーには、長い闘病生活を送っているホリーという姉がいました。エミリーはホリーとクマのぬいぐるみのブルーイが一緒にスモカルーンという魔法の…

『SFショートストーリー傑作セレクション 怪獣編』(日下三蔵/編)

怪獣篇 群猫/マタンゴ (SFショートストーリー傑作セレクション 第二期)発売日: 2020/08/03メディア: 単行本日下三蔵編による児童向けSF短編アンソロジー2期第3弾は、「怪獣編」。ここでの怪獣は一般にイメージされるゴジラやガメラのような巨大怪獣ではなく…

『朔と新』(いとうみく)

朔と新作者:いとう みく発売日: 2020/02/06メディア: 単行本弟が事故で視力を失った兄の伴走者になり、兄弟でブラインドマラソンに挑戦する話です。障害者スポーツと兄弟の絆で感動が倍増、感動ポルノを好む大人の読者がたくさん寄ってきそうなパッケージの…

『はじまりの夏』(吉田道子)

はじまりの夏 (読書の時間)作者:吉田道子発売日: 2020/06/15メディア: 単行本小学5年生のぽぷらは父親と死別し、母親とふたりで暮らしています。最近のぽぷらの悩みは、母親が再婚を考えていること。相手も妻と死別しており、子どもがふたりいました。ぽぷら…

『おいで、アラスカ!』(アンナ・ウォルツ)

おいで、アラスカ! (フレーベル館 文学の森)作者:ウォルツ,アンナ発売日: 2020/03/23メディア: ハードカバースウェンとパーケル、中学校で同じクラスになったふたりが交互に語り手を務める構成になっています。ふたりのつながりは、アラスカという犬との縁…

『にんげんクラッシャー、さんじょう!』(最上一平)

にんげんクラッシャー、さんじょう!作者:一平, 最上発売日: 2020/01/28メディア: 単行本「にんげんクラッシャー」って「こどもブロイラー」みたいな語感で怖いなと思いながら手に取って、申し訳なかったと思っています。 ある日の登校時間、いがらしくんはふ…

『ドクルジン』(ミロコマチコ)

ドクルジン (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉1)作者:ミロコマチコ発売日: 2019/07/12メディア: 大型本玄人筋で評判になっているらしい「亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉」の第1弾。 まず2匹の魚、横長の画面一杯ににょろつく2匹の蛇が登場。2匹の魚は目…