『24時間のキョーフ 2 夜明け前のキョーフ』(日本児童文学者協会/編 軽部武宏/絵)

夜明け前のキョーフ (24時間のキョーフ)発売日: 2020/06/12メディア: 単行本日本児童文学者協会編のホラーアンソロジー。そのなかからベテランの実力を見せつける2作を紹介します。 岩瀬成子の「白い髪を三つあみにしたものすごく大きなおばあさん」はタイト…

『影を呑んだ少女』(フランシス・ハーディング)

影を呑んだ少女作者:フランシス・ハーディング発売日: 2020/06/22メディア: 単行本大人気フランシス・ハーディングの邦訳3作目は、ピューリタン革命の時代を舞台にしたファンタジーです。主人公の少女メイクピースの一族には、死者の霊を取りこむ特殊能力が…

『お庭番デイズ』(有沢佳映)

お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 上作者:有沢 佳映発売日: 2020/07/16メディア: 単行本お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 下作者:有沢 佳映発売日: 2020/07/16メディア: 単行本10年代児童文学を代表する超傑作『かさねちゃんにきいてみな』から約7年、よう…

『イナバさん!』(野見山響子)

イナバさん!作者:響子, 野見山発売日: 2019/12/09メディア: 単行本イラストレーターとして活躍している野見山響子による、不条理SF童話。主人公のイナバさんは郵便局で働いています。忘れ物が多いうっかり者なため、境目に迷い込みやすく、よく不思議な事件…

『春の嵐 ペンダーウィックの四姉妹4』(ジーン・バーズオール)

ペンダーウィックの四姉妹4 春の嵐 (Sunnyside Books)作者:ジーン・バーズオール発売日: 2020/06/10メディア: 単行本「ペンダーウィックの四姉妹」シリーズ第4弾。長女ロザリンドはもう大学生、来年は次女スカイ、再来年は三女ジェーンも大学に入学します。…

『ルドルフとノラねこブッチー』(斉藤洋)

ルドルフとノラねこブッチー (児童文学創作シリーズ)作者:斉藤 洋,杉浦 範茂発売日: 2020/06/25メディア: 単行本忘れたころに新作の出る「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズの5巻が登場。約30年で5冊、こういうゆったりペースが許されるのが児童文学…

『チョコレート・ウォーズ』(エリス・ドラン)

チョコレート・ウォーズ作者:ドラン,エリス発売日: 2019/12/01メディア: 大型本児童文学マニアがこのタイトルをみて思い浮かべるのはこれなわけですが、チョコレート・ウォー (扶桑社ミステリー)作者:ロバート コーミア,Cormier,Robert,和彦, 北沢発売日: 19…

『天邪鬼な皇子と唐の黒猫』(渡辺仙州)

天邪鬼な皇子と唐の黒猫 (TEENS’ ENTERTAINMENT)作者:仙州, 渡辺発売日: 2020/01/09メディア: 単行本なるほど、「ツンデレ」を昔ながらの言葉で言い換えると、「天邪鬼」になるんですね。 ということで、ツンデレ(皇子)×ツンデレ(猫)の平安友情ストーリ…

『わたしの全てのわたしたち』(サラ・クロッサン)

わたしの全てのわたしたち (ハーパーコリンズ・フィクション)作者:サラ クロッサン発売日: 2020/06/10メディア: 単行本2016年のカーネギー賞受賞作。グレースとティッピは結合双生児として生まれました。ふたりは家庭で教育を受けていましたが、有志の人たち…

『みつきの雪』(眞島めいり)

みつきの雪 (文学の扉)作者:眞島 めいり発売日: 2020/02/03メディア: 単行本第21回ちゅうでん児童文学賞大賞受賞作。そして、至高の学校図書館小説です。 信州の寒村に住む高校生3年生桑島満希の、卒業式前日の物語です。満希は卒業式の予行後に、しばらく疎…

『トリコロールをさがして』(戸森しるこ)

トリコロールをさがして (ポプラ物語館 80)作者:戸森 しるこ発売日: 2020/05/29メディア: 単行本トリコロールはまじりあわない、三色旗の三色は独立している、当たり前といえば当たり前のことですが、親密な人間関係のなかではその独立性が侵犯されるかのよ…

『月のケーキ』(ジョーン・エイキン)

月のケーキ作者:ジョーン・エイキン発売日: 2020/04/10メディア: 単行本英国ファンタジーの巨人ジョーン・エイキンの短編集。 表題作「月のケーキ」は、爆弾製作の実験の失敗で歴史のある実家を炎上させるという豪快なやらかしをしてしまった少年トムの物語…

『そもそもオリンピック』(アーサー・ビナード/作 スズキコージ/画)

そもそもオリンピック作者:アーサー・ビナード発売日: 2020/02/21メディア: 単行本風が語りかけます。オリンピックの歴史を。何十万年も前にヒトというイキモノが走り出したところから始まり、古代のギリシアのオリンピックを語り、そしてオダミキオという三…

『SFショートストーリー傑作セレクション 宇宙編』(日下三蔵/編)

宇宙篇 バイナリー惑星/宇宙救助隊二一八〇年 (SFショートストーリー傑作セレクション 第二期)発売日: 2020/05/25メディア: 単行本日下三蔵編による児童向け短編アンソロジーが、めでたく2期に突入しました。2期の第1弾となる「宇宙編」収録作は以下の通りで…

『レッツはおなか』(ひこ・田中/さく ヨシタケシンスケ/え)

レッツはおなか作者:ひこ・田中,ヨシタケ シンスケ発売日: 2020/04/09メディア: 単行本ひこ・田中とヨシタケシンスケの絵童話「レッツ・シリーズ」の久しぶりの新作が出ました。第1作『レッツとネコさん』は2010年の作品ですから、『りんごかもしれない』な…

『ゆりの木荘の子どもたち』(富安陽子)

ゆりの木荘の子どもたち (わくわくライブラリー)作者:富安 陽子,佐竹 美保発売日: 2020/04/15メディア: 単行本百年以上の歴史を持つ洋館「ゆりの木荘」を舞台とした不思議な物語。いまでは老人ホームとなっている「ゆりの木荘」の住人たちが、玄関ホールにあ…

『ネバーウェディングストーリー』(ひこ・田中)

ネバーウェディングストーリー モールランド・ストーリーIII (福音館創作童話シリーズ)作者:ひこ・田中発売日: 2020/05/22メディア: 単行本クラスのあぶれ者三人組が街を探索する「モールランド・ストーリー」シリーズの第3弾。 三人組のひとりのコトノハの…

『ぼくと母さんのキャラバン』(柏葉幸子)

ぼくと母さんのキャラバン (文学の扉)作者:柏葉 幸子,泉 雅史発売日: 2020/04/23メディア: 単行本ある晩、牛乳を飲みに台所に行った小学5年生のトモは、人語を話す巨大ネズミに出くわしました。「前殿」と呼ばれるネズミは、トモの母親の「ゆみえ殿」を探し…

『月と珊瑚』(上條さなえ)

月と珊瑚 (文学の扉)作者:上條 さなえ発売日: 2019/07/11メディア: 単行本沖縄で暮らす小6女子の物語。母親は福岡で働いているので、主人公の珊瑚はルリバーと呼ばれる民謡歌手をしている祖母と生活しています。ふたりの生活は楽ではなく、スマートフォンを…

『魔女ラグになれた夏』(蓼内明子)

魔女ラグになれた夏 (わたしたちの本棚)作者:蓼内 明子発売日: 2020/02/20メディア: 単行本青森市に住む三姉妹の末っ子岬の2020年*1夏の物語。長女の光希は2000年のシドニーオリンピック、次女あてねちゃんは2004年のアテネオリンピック、末っ子岬は2008年の…

『ぼくたちがギュンターを殺そうとした日』(ヘルマン・シュルツ)

ぼくたちがギュンターを殺そうとした日 (児童書)作者:ヘルマン・シュルツ発売日: 2020/03/07メディア: 単行本1945年のドイツの農村が舞台。村の子どもたちは、難民の子どもで「頭がいかれている」と見做されているギュンターという少年に石を投げつけて暴行…

『精霊のなみだ』(湯湯)

精霊のなみだ (トゥートゥルとふしぎな友だち)作者:湯, 湯発売日: 2020/02/10メディア: 単行本中国の志怪童話「トゥートゥルとふしぎな友だち」の第3弾。2巻がおとなしめだったので油断してましたが、そもそもこのシリーズは悲劇性が売りでしたね。 今回トゥ…

『ぼくのポーポがこいをした』(村田沙耶香/作 米増由香/絵)

恋の絵本 (5) ぼくの ポーポが こいを した作者:村田 沙耶香発売日: 2020/04/10メディア: 単行本「恋愛観や結婚観、ジェンダー観」のアップデートを意図して瀧井朝世が企画した「恋の絵本」シリーズの第5弾。「ぼく」のしんゆうは、サンタさんにもらったぬい…

『霧見台三丁目の未来人』(緑川聖司)

霧見台三丁目の未来人 (カラフルノベル)作者:緑川 聖司発売日: 2019/12/20メディア: 単行本タイトルもイラストも懐かしい感じのジュヴナイルSFが登場。浜たかやの 『駅うら三丁目の宇宙人』を覚えている人はどのくらいいるでしょうか。駅うら3丁目の宇宙人…

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる)

めんどくさがりなきみのための文章教室作者:はやみねかおる発売日: 2020/03/05メディア: 単行本「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズのはやみねかおるによる、小説形式の文章の書き方指南書です。作文の課題のことで悩んでいた中学2年生の文岡健(文を書…

『洪水の前』(赤川次郎)

自由の物語 洪水の前 (赤川次郎 ミステリーの小箱)作者:赤川 次郎発売日: 2018/03/01メディア: 単行本2017年から2018年にかけて汐文社から、若い読者向けに赤川次郎の短編を編んだアンソロジー〈ミステリーの小箱〉が全5巻で刊行されました。赤川次郎なので…

『あやしの保健室4 二万回のトライ』(染谷果子)

あやしの保健室4 二万回のトライ作者:果子, 染谷発売日: 2020/04/03メディア: 単行本子どもたちの「やわらかな心」を狙う自称新任養護教諭24歳奇野妖乃が今度赴任したのは、元ラグビー選手の校長が〈ひとりはみんなのために みんなはひとつのもくてきのため…

『穴の本』(ピーター・ニューエル)

穴の本作者:ピーター・ニューエル発売日: 2016/04/09メディア: 単行本暴力とはなにか、破壊とはなにか、それを絵本という形式でビジュアル的にわかりやすく表現してみせたのが、アメリカの絵本作家ピーター・ニューエル(1862-1924)が1908年に発表したこの…

『生きつづけるキキ ーひとつの『魔女の宅急便』論ー』(斉藤洋)

生きつづけるキキ ーひとつの『魔女の宅急便』論ー作者:斉藤 洋発売日: 2020/03/02メディア: 単行本斉藤洋による『魔女の宅急便』の評論です。が、優れた本は様々な顔を持っているもので、この本は評論であるだけでなく、評論と創作の指南書としての側面を持…

『月白青船山』(朽木祥)

月白青船山(つきしろあおふねやま)作者:祥, 朽木発売日: 2019/05/11メディア: 単行本魔境鎌倉を舞台にしたファンタジー。兵吾と主税の兄弟は、夏休みに鎌倉の大叔父さんの家で過ごすことになります。代々兄は「兵吾」弟は「主税」と名付けられる風変わりな家…