『エヴリデイ』(デイヴィッド・レヴィサン)

エヴリデイ (Sunnyside Books)

エヴリデイ (Sunnyside Books)

主人公は精神寄生体のA。Aは物心ついたときから(おそらく生まれたときから)目を覚ますたびに同年代の誰かの体に憑依し、1日だけ体を乗っ取って生活するという日々を送っていました。なんてぶっとんだ設定なんだと思った方は、翻訳家の名前を確認してください。また三辺律子の犯行です。三辺訳の作品だと考えれば、このくらいの設定は通常営業です。
Aは宿主の記憶にアクセスすることができ、そこから得た情報を元にできるだけ宿主の人生に影響を与えないようにおとなしく過ごそうとしていました。しかし、16歳のある日、お世辞にも好感を持てるとは言い難いジャスティンという少年に憑依してからその信念が揺らぎはじめます。Aはジャスティンの彼女のリアノンに本気で恋をしてしまったのです。
寄生体であるAは、人間は肉体に支配されているのだということをよく知っています。重い病気の持ち主に寄生したり、薬物依存者に寄生したりすると、その肉体の影響からは逃れることができません。この設定により、人は他人には理解しがたい多様な困難を抱えているのだということがわかります。精神疾患も気分や性格の問題ではないということをAは知っています。希死念慮を持つ人物に憑依したAがその子を救おうと奔走するエピソードは、1日の物語のなかではもっとも感動的なものになっています。
Aは魂だけのような存在なので、性自認も性指向も超越しています。宿主に恋人がいれば、宿主がシスヘテロであろうがマイノリティであろうが、その恋人を愛することができます。また、自分がどのような姿になってもリアノンを愛することにかわりはありません。このあたりは、多様性を称揚する現代のYAらしい作品のようにみえます。
しかし、この作品はそういった建前だけでは終わりません。「容れ物をみないで。中身を見てほしい」という要求が受け入れられないラインがあるということも描いてしまっています。つまり、性的マイノリティに対する差別よりもルッキズムの方が根深いということです。やはり人類は、テッド・チャンの「顔の美醜について」にある〈カリー〉を受け入れるべきなのでしょうか。
リアノンへの恋の行方が物語の主軸となります。もうひとつ、Aに寄生されたことを悪魔に取り憑かれたのだと思いこんでAの正体を探ろうとする少年との確執も物語のラインとなるので、先を読みたいと思わせる吸引力は高いです。現代的なテーマ・意表をつく斬新な設定・高度な娯楽性、この三拍子そろった作品を多数紹介してくれる三辺律子から目が離せません。

『泥』(ルイス・サッカー)

泥 (児童単行本)

泥 (児童単行本)

そういえば今年は平井和正の年になっていて、傑作短編集もウルフガイもゾンビーハンターも新刊書店で購入することができます。平井和正といえば「人類ダメ小説」。人類の醜さ救いようのなさにいったん絶望させることは、健全なジュヴナイルSFのひとつの方向性です。
世界的ベストセラーとなった『穴』の著者ルイス・サッカーの邦訳新刊『泥』も、平井作品とはテイストが異なるものの「人類ダメ小説」的な要素を持っています。
ペンシルバニア州ヒースクリフにある名門私立校に通うタマヤとマーシャルは、毎日一緒に通学する仲でした。マーシャルはクラスのならず者チャドに目をつけられていて、みんなからひどい迫害を受けていました。チャドから逃れるためいつもの通学路から離れ山に登ったタマヤとマーシャルは、チャドに追い詰められます。タマヤは暴力を受けるマーシャルを助けるため、ねばねばする不気味な「泥」をチャドに投げつけます。ところがその「泥」が、実は非常に効率はいいが人体に害のある新しいバイオ燃料で、騒動は街全体を巻き込んだパニックに発展していきます。
読者の期待を誘導してその期待に応えるストーリーテリングの巧みさは、さすがルイス・サッカーです。ストーリーの幕間に政府の聴聞会の場面を挟んで設定を開示していくので、読者は作中人物より早く状況を理解することができます。となると、タマヤとマーシャルが山で追い詰められる場面で読者が期待することはひとつになるわけで、まんまと作者の術中にはめられてしまいます。
では、人類のダメさはどこに描かれているのかというと、まずは環境問題です。人類が便利さと危険性を天秤にかけてどのような判断をするかというと、そうなりますね。人口爆発と人類の欲望増大を問題とし過去を美化するようなセンチメンタルな問題設定を著者がしているので、議論が古びたものに感じられ説得力が乏しくなってしまっているのは欠点ですが、いわんとしていることはわかります。
実は環境問題よりも人類のダメさをついているのは、学校をめぐる描写です。舞台となる学校は裕福で成績優秀な子が通う学校でしたが、チャドはみっつの学校から退学を申し渡された素行不良な生徒で、ソーシャルワーカーの「良好な環境を与えるべき」という考えによりタマヤたちの学校に転校してくることになります。ソーシャルワーカーの方針は、理念としてはまったく正しいです。しかし、そのご立派な理念を実現するための方策が何もなかったために、学校の治安は乱れマーシャルという被害者を生み出すことになりました。この、理想と現実の乖離が悲劇を生むという構造が残酷です。
この作品でもっとも笑える(笑えない)場面は、チャドがいなくなったと知ったマーシャルのクラスメイトたちが次々とチャドの悪事を告発し出すところです。自分たちもマーシャルを迫害することを楽しんでいたはずなのに。
こういう露悪的なのも、児童文学には必要です。

『ある子ども』(ロイス・ローリー)

ある子ども

ある子ども

ディストピア児童文学の伝説的な金字塔『ザ・ギバー』の完結編が、とうとう邦訳されました。原書の第1部は1993年に刊行、完結編第4部は2012年に刊行されています。第3部までの主要な登場人物がみな出演し(二度と顔も見たくなかったあいつも含めて)、舞台も移り変わり、約20年をかけて語られた物語が収束します。
ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)

ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)

物語の発端の舞台は、第1部の舞台だったあのディストピアです。職業やパートナー・子どもまでも委員会に決められ、薬で欲望を抑制される、まったく自由のないあの管理社会で、〈出産母〉という職業に任命されたクレアという少女が、はじめの主人公となります。3年間〈産物〉を生産した後は生涯厳しい労役を課される〈出産母〉は名誉に乏しい職業で、〈イレモノ〉という蔑称さえ与えられていました。生まれた〈産物〉は〈養育センター〉でしばらく育てられてから、委員会の決めた夫婦に配給されます。〈出産母〉は自分の〈産物〉と関係を持ちませんが、なぜかクレアは〈産物〉に執着し、何度も〈養育センター〉に赴きます。その〈養育センター〉の職員の息子はジョナス(掛川恭子訳では「ジョーナス」と表記)。つまり、この〈産物〉は第1部で〈リリース〉されそうになったあの子どもであり、あのジョナスの決断に巻きこまれます。そして、あの運命の日からその後の物語が語り出されます。
物語の構成はシンプルです。それだけに、母と子の物語・善と悪の物語といった普遍的な物語に強度が与えられ、象徴的な悪との戦いの物語に展開していきます。第1部が欲望を消されたディストピアの物語だったのに対し、第4部の悪の化身が人の欲望を増大させる存在であったことは、ちょっと整合性がどうなのかという気はします。が、どちらにしても極端なのはよくないということなのでしょう。
現在形で語られるラストシーンは、よい余韻を残します。完結編の刊行をきっかけに、『ザ・ギバー』の読者がさらに増えてくれれば嬉しいです。

『フローラ』(エミリー・バー)

フローラ (SUPER!YA)

フローラ (SUPER!YA)

イギリスの17歳の女子フローラが、好きになった男子ドレイクを追ってひとりで北極まで行く話です。フローラは前向性健忘症で記憶を保持することができませんが、なぜかドレイクとキスした記憶だけは強烈に覚えており、ドレイクを捜す旅は自分の本質を探る旅となります。でも、ただでさえ17歳の女子がひとりで遠い外国を旅するのは大変なのに、記憶障害まであるので、ドレイクの捜索は困難を極めます。
そもそもドレイクはフローラの親友の恋人で、どうも記憶が残らないから後腐れないだろうというくらいの軽い気持ちでフローラに手を出したクズ男のようです。だから、ドレイクとの再会を果たしたとしてもハッピーエンドは訪れそうにありません。しかし作品は、恋の物語から別の方向に転がっていきます。
前向性健忘症の人物が登場する有名作品といえば、『博士の愛した数式』や『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』あたりが思い浮かびます。そういった作品は喪失の痛みや悲しい恋など、センチメンタルな雰囲気を基調としています。しかし、『フローラ』はだいぶおもむきが異なります。知識や経験を当てにすることができないので、フローラは欲望の赴くままに行動します。どんな過酷な環境もものともせず、ただ自分の恋をかなえたいという一心でフローラは暴走します。その熱情の前では、シロクマすら恐るるに足りません。荒々しい野生児のような魅力を、フローラは持っています。
語り手が記憶を保持できないので、作中では同じような内容が何度も繰り返されたりします。筒井康隆の『ダンシング・ヴァニティ』のように、繰り返しによる幻惑感を読者に与える文体となっています。フローラが語り出すと、微妙に前と言っていることが異なっているような部分があったり、状況が一層悪化しているように見えたりと、読者を驚かせる要素がちりばめられています。語り手の設定はエンターテインメントとしても絶妙に処理されています。
最終的な物語の帰着点を語ることができないのがもどかしいですが、スリルに満ちた読書体験を得られることは保証できます。

『熊とにんげん』(ライナー・チムニク)

熊とにんげん (児童書)

熊とにんげん (児童書)

1982年に偕成社から刊行、1990年には福武文庫から刊行され現在は入手難となっていた『熊とにんげん』が、徳間書店から復刊されました。翻訳は旧版と同じく上田真而子です。
シンプルなタイトルが美しいです。原題は『Der Bär und die Leute』。邦題も的確です。『熊と人間』でも『熊とニンゲン』でも、ましてや『熊と人』や『熊とヒト』でもなく、『熊とにんげん』でなければならないのです。
この物語の主人公は、固有名を持ちません。七つのまりでお手玉をする芸を持ち、踊りを踊る熊を相棒とする男は、ただ「熊おじさん」とだけ呼ばれています。熊も、ロシア語で熊を意味する〈メドウィーチ〉と呼ばれているだけです。
熊おじさんも熊も、共同体に属さない存在です。旅芸人であるおじさんには、定まった居場所がありません。彼の友だちは熊と神さまだけです。ただし作中では、「だけ」のような少ないという価値判断を含んだ表現はなされません。そして、熊もまた、本来の野生動物としての熊の集団からは切り離されています。
あらすじを説明しても、あまり意味をなしません。ただ命と時間の物語が展開されるだけです。命と時間とは、すなわちこの世界のほとんどすべてのことです。
本は、絶版にならないのが理想です。でも、チムニク作品のように絶版になってもリレーのようにさまざまな出版社から復刊され続ける、そういう愛され方をしている本も幸福であると思います。

『レモンの図書室』(ジョー・コットリル)

レモンの図書室 (児童単行本)

レモンの図書室 (児童単行本)

幼いときに母を亡くしたカリプソは、父とふたり暮らし。画家であった母の部屋は、いまは大量の本のある図書室になっています。孤独な父はレモンの歴史に関する原稿の執筆に没頭中です。
文学好きの芸術家の母が残した図書室のある家という設定は、なかなかロマンチックにみえます。ただし問題は父です。妻を失った哀しみを乗り越えられない父は、娘も他人を拒絶して孤独に生きさせようと、呪いの言葉をかけ続けます。家事も半分放棄していて、家庭は崩壊寸前でした。メンタル不調な親との生活という非常にシリアスなテーマの作品となっています。カリプソはやがて、〈大人の世話をする子どもの会〉というみもふたもない名前の共助グループに入ることになります。
レモンと本の鮮烈なイメージにより、父のメンタルの危機を衝撃的に描き出されています。とはいえ、子ども向けの本でこのような問題に過度にリアリティを出すのも考えものです。この作品の描写は、子ども向けの本としてのリアリティを抑える配慮としても機能しているように思います。
幸運なことにカリプソは、文学少女の転校生メイとの出会いによって、父のカウンセリングや共助グループへの参加など適切な支援を受けられるようになりました。しかし、支援に繋ぐことはハッピーエンドではなく、スタートラインでしかありません。共助グループの仲間からカリプソは、「カウンセリングに行くとおかしくなる」という不吉な予言を与えられます。
父の問題によって、さまざまな格差が露わになります。メイの一家は裏表のない善意でカリプソと父に親切にしてくれますが、親切にされればされるほど幸福の格差を見せつけられるようでつらくなります。しかし、共助グループのなかではカリプソは恵まれた方でした。親の状態も比較的軽い方で、なりより芸術家体質の家庭で育てられたカリプソは、文化資本には恵まれています。ただしそれには偏りがあり、他の子と違ってDSやXboxに触ったこともないカリプソは、ある意味では文化資本に乏しい子であるともいえます。『グランド・セフト・オート』は最高だと力説する共助グループの仲間とカリプソのあいだには、埋めがたい溝があります。物語自体は希望を匂わせて終わりますが、現実で改善しなければならない問題は山積しています。

『次元を超えた探しもの アルビーのバナナ量子論』(クリストファー・エッジ)

次元を超えた探しもの: アルビーのバナナ量子論

次元を超えた探しもの: アルビーのバナナ量子論

高名な科学者の両親を持つ少年アルビーの物語。アルビーの母は癌で亡くなります。アルビーはシュレディンガーの猫を応用した並行世界に行く装置を発明し、母が死なない世界を探そうとします。
物語が始まってすぐに、宇宙線を避けるために炭坑の地下で研究するとか、長さ27キロメートルの大型ハドロン衝突型加速器とか、SF魂をくすぐる言葉がたくさん出てきてわくわくさせられます。バナナは放射線を出すので、これと「放射能ゾンビネコ」を組み合わせたら並行世界に行けるという飛躍したホラも愉快です。
アルビーは並行世界で不良化した自分や女子になった自分に出会いますが、なかなか母親には会えません。実は母親以上に出現率が低いのが生きている父親でした。テレビにも引っ張りだこの多忙な父親は、メディアを介してしかアルビーの前に姿を現しません。学校図書館で量子物理学の本を探していたアルビーは、ここには専門的な本はあまりないから父親に聞いた方が早いと先生から助言されます。父は忙しくて無理と答えると、先生は父親の著書を探し出して、「どちらにしても、おとうさんから教えてもらうことになるみたいよ」と皮肉なことを言います。
となると、アルビーが本当に探さなければならないのは母親ではないということになります。奇抜な発想で楽しませてくれるSFであり、家族の物語としても収まるべきところにきちんと収まる良作です。
ところで、この本は「男子でも読みたくなる表紙」をコンセプトにデザインされたとあとがきに書いてありました。確かにこれは、あまり小説の本を好まない層の興味も引きそうなデザインです。でも、こういうコンセプトが売りになるということは、通常の児童文学は男子を相手にしていないということの裏返しでもあるわけで、児童文学界の偏りがみえてきます。