『最後のドラゴン』(ガレット・ワイヤー)

最後のドラゴン

最後のドラゴン

猫っていうのは、ただ無愛想なのだ。悪気はないのだ。(p262)

1803年にドイツの〈黒い森(シュワルツワルト)〉で生まれたドラゴンのグリシャの数奇な運命の物語。悪い魔法使いのレオポルドに小さなティーポットにされてしまい、フランツ・ヨーゼフ皇帝の宮廷に引き取られます。やがて魔法が解けドラゴンの姿に戻りますが、時代が変化し戦争の道具としてのドラゴンは必要とされなくなっていました。ドラゴンたちはウィーンの絶滅外来種省に管理され自由を奪われてしまいます。そんななか、ウィーンの高級ホテルのバーでグリシャが11歳の少女マギーと知り合ったことから、ドラゴンたちの運命が動き出します。
作品の序盤は、時間がゆったりと流れていきます。ティーポットにされて動くこともできず孤独にさいなまれるグリシャですが、観察することで自分の問題を忘れることができることを知り、生きる意味を見出します。不幸な身の上ではありますが、人間を超越した時間の流れを疑似体験できるのは楽しくもあります。
そして、時代はどんどん新しくなります。しかし古い都であるウィーンは魔法的なところを残しています。皇帝が使用していた秘密の抜け道があったり、至るところに猫がいたり。この都市を観光するのも、この作品の楽しみどころのひとつです。
もうひとりの主人公マギーは、母を亡くしてからずっとホテルぐらしをしている、家を持たない子どもです。そこは、故郷喪失者であるグリシャと共通しています。児童文学が好きな人であれば、ホテルぐらしの故郷を喪失した子どもという設定からエンデの短編「遠い旅路の目的地」のシリルを思い出すのではないでしょうか。シリルは、欲望のままに生き他人から収奪し尽くしていました。これとは対照的なマギーの選択が印象に残ります。

『火狩りの王 二 影ノ火』(日向理恵子)

火狩りの王〈二〉 影ノ火

火狩りの王〈二〉 影ノ火

火に近づくと人体が発火するようになった未来を舞台にしたポスト・アポカリプス児童文学の第二弾。首都入りした灯子はもうひとりの主人公の煌四と出会い、人と神と異形のものたちの運命が交錯する物語がさらに加速していきます。
煌四の方はすっかり不幸が似合うキャラになってきました。病身の妹を人質に取られて兵器開発に協力させられているというかわいそうな境遇の煌四。兵器開発ではめざましい成果をあげるものの、妹はすでにあんなことになってしまい、不幸に磨きがかかります。
灯子は偶然出会った火狩りの明楽を師にするかたちで戦いの道に入っていきます、しかし灯子はきちんとした戦闘訓練を受けているわけではありません。武器の重さにひるんでしまうといったあたりにリアリティがあります。しかしそんななかで明楽への重いが崇拝に近い状態になってきているのが危うい感じです。灯子の仲間はどんどん増えますが、それが改造人間ばかりというのがまた、この世界のひどさをいい具合に象徴しています。
2巻ではいよいよ神が子どもたちの前に姿を現します。少年の姿をしたひばりという神は、人類を超越した力を持っているため愉快犯のような人を食った態度をとります。しかし供犠のようにされている姉神には強い思い入れがあるらしく、その話題になると感情を露わにします。
この少年神は、煌四や灯子をこのように評しています。

「お前とあの村娘はおもしろいな。お前たちは、ここがいかなる世界かを知ろうとしている。どうにかたすかろうとあがくのでもない、破滅を望むのでもない。この世界がいかにあるのか、ただそれだけを知ろうと、強く思っている。」(p237)

日本の児童文学はディストピアものの傑作をいくつも生み出しています。それは現実のうつしえであり、その先には少年文学宣言的な変革の意志が想定されていたはずです。そこをあえて外し、知るということへの欲望のみに注目したというのは独特な視点にみえます。もちろんこれは作中の一登場人物の発言に過ぎませんし、実際の灯子の行動からは火狩りの王を誕生させることによって現状を変えようという意志は感じられます。この発言の真意はどこにあるのか、気になります。

『あららのはたけ』(村中李衣)

あららのはたけ

あららのはたけ

「雑草はふまれるとな、いっぺんは起きあがるけど、もういっぺんふまれたらしばらくはじいっと様子見をして、ここはもうだめじゃと思うたら、それからじわあっと根をのばして、べつの場所に生えかわるんじゃ」
(p16)

横浜から山口に引っ越して、畑いじりをしたりと慣れない田舎ライフをことになった小学4年生のえりと横浜にいる幼なじみ3人組のひとり親友のエミ。ふたりが交わす手紙の形式で描かれた書簡体小説です。
えりの心残りは、幼なじみ3人組のもうひとりのけんちゃんのこと。文通が進むにつれて、けんちゃんになにかがあって今はひきこもりのようになっているという情報が読者に開示されていきます。
冒頭に引用したような生き物雑学がたくさんあって楽しいです。主人公のふたりは知的好奇心が強く、疑問に思ったことは自分で調べて生き物の生態を論理的に理解しようとする姿勢を持っているところが好感度高いです。
もうひとつおもしろいのは、人と人を繋ぐ回路の描き方です。離れたふたりをつなぐ文通という手段はやや古風です。そして、閉ざされているけんちゃんの部屋の扉には、猫用*1の小さな扉がついていました。そこに足をつっこむところからはじまり、いろいろなものをつっこんで、関わりを求めていきます。こうした小道具の使い方がうまく、さすが手練れの技という感じがします。

*1:この猫の名前も「与作」と古風でおもしろい。

『徳治郎とボク』(花形みつる)

徳治郎とボク

徳治郎とボク

「ボク」(ケンイチ)と祖父の物語。祖父の徳治郎は自分の生活習慣に強いこだわりを持っていて、娘の結納の儀式中にすら決まった時間に畑に出かけたという逸話を持つ、カントっぽい人です。「ボク」は徳治郎の「ちっせぇとき」の話を聞くのが好きでしたが、祖父の体もだんだん衰えていき、やがて別れのときを迎えます。「ボク」4歳から小学校6年生まで、祖父と過ごした長いようで短い日々が語られます。
この作品のどこがいいのかというと、すべてがしみじみといいとしかいいようありません。たとえば、「ボク」がひそかに『峠の茶屋』と呼んでいた祖父と畑へ向かう山道の途中の休憩場所の描写。そこだけ木立が途切れて天気のいい日には富士山が望めるという、一気に視界が開ける気持ちよさ。そこに、以前の祖父は一気に山道を上れたのに休憩を必要とするようになってしまったという状況が加味されます。こういったひとつひとつのささいなエピソードが強烈に印象に残ります。
「ボク」は、祖父の衰えや病気に対してはまったく無力です。それは、幼いゆえであり、また人は他人の死には本質的に無力であるということでもあります。できることは、連帯していること、愛情を持っていることを態度で示すことくらいです。
徳治郎のほかにも、忘れがたい登場人物がいます。それは、「ボク」より4歳年上の従姉のエリカちゃんです。子どもにとって4歳年上はかなり近寄りがたい存在ですから、「ボク」はエリカちゃんの悩みに対しても無力です。幼いころの「ボク」は2歳年上の従姉のマイカちゃんとエリカちゃんをセットで認識していましたが、だんだん世界をみる解像度が上がってきてエリカちゃんの存在が大きくなり、マイカちゃんはほとんど視界からフェイドアウトしてしまいます。受験ストレスで「誰でしたっけ」と思えるほど外見が変わってしまい、「どこかのスイッチを切ってしまった人」のようになったエリカちゃん。祖父を観察対象とするようなシニカルな姿勢をみせながらも、どこか「ボク」と気があって祖父の話題に興じるようになります。
やはり「ボク」は無力なので、エリカちゃんのためにできることは祖父の場合と同様です。ただしここには、もう死というゴールがみえている祖父と未来の可能性を持つエリカちゃんという残酷な対比もあります。それが人生というものです。この作品はその深奥を描ききった傑作であるといえます。

『四つ子ぐらし 3 学校生活はウワサだらけ!』(ひのひまり)

四つ子ぐらし(3) 学校生活はウワサだらけ! (角川つばさ文庫)

四つ子ぐらし(3) 学校生活はウワサだらけ! (角川つばさ文庫)

「感情の種類が変わっただけよ。大きさは変わらないの」

3巻のハイライトは、長女さんのこのセリフに尽きるでしょう。これだけ重い発言ができる中学1年生、いままでどんな人生経験を積んできたのだろうかと、かえって心配になってきます。その大きさが保持されているのであれば、置換可能な感情はまた元に戻ることもありえます。まだまだ先はわかりません。
父親がふたりいることをさらっと描いた「聖クロス女学院」シリーズ、学校を卒業して何十年たってもエス関係を続けるロールモデルを提示した「こわいもの係」シリーズ。まだ歴史の浅いつばさ文庫ですが、多様な生き方を描くという点ではすでに実績を残しています。こうしたマイノリティの関係性を当たり前のことのようにさりげなく描けるのは、メインストリームの児童文学ではないエンタメ児童文庫ならではの強みなのかもしれません。姉妹のカミングアウトに対して、ちょっととまどいながらもすぐに受け入れるさまを自然なこととしてぬけぬけと語ったこの作品も、その系列に加えられます。
ということで、「四つ子ぐらし」第3巻。珍しい四つ子は学校で大人気になりますが、同時にクローンだとか超能力者だとか根も葉もない噂も飛び交うようになります。さらに、なぜか四つ子に敵対的な態度をとる新聞部が、四つ子は子どもだけで暮らしているという絶対隠さなければならない秘密を知っているようなそぶりをみせつつ接近してきて、一騒動起こります。
大人や社会が出てこない分、比較的(あくまで比較的ですが)重苦しさが薄れていて、箸休め的な茶番回になっています。2巻で本性を現した長女一花は腹の据わったところをみせ、嘘はつかないけど本当のことすべては言わないテクニックで新聞部と対決します。シリーズにはライトミステリとしての側面もありますが、四月の推理力に一花の度胸が加わって、四つ子探偵チームはかなり頼もしくなってきました。この巻でキャラクターがだいぶ増え、レギュラーキャラの湊くんの人物像も掘り下げられたので、さらに物語がにぎやかになりそうです。
とはいえ、やはり3巻にも暗さはあります。特に四月のネガティブ思考。ただネガティブ思考にはまるだけではなく、そこからこんなことを考えるのは自分だけではないかと考え孤独感にさいなまれるという流れ。メンタルの弱い人間の陥りがちな負の思考のスパイラルの描き方に無駄にリアリティがあります。このシリーズ、どこまで闇を深めていくのでしょうか。

『しずかな魔女』(市川朔久子)

しずかな魔女 (物語の王国 2-13)

しずかな魔女 (物語の王国 2-13)

「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。」という鎌倉市図書館のツイートが話題になったのは2015年のことでした。この作品の主人公の中学1年生の草子は、どこかでそれに類する呼びかけを目にして、平日は公共図書館に通うようになりました。そこの司書の深津さんから「しずかな子は、魔女に向いている」という謎めいた言葉をお守りとして渡されます。その意味を詳しく知りたくなった草子は、深津さんにレファレンスを依頼します。
西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女はとっくの昔に死に、本を司っているのはおおよそ役に立ちそうにないきかせたがりやの魔女だけ。
きかせたがりやの魔女

きかせたがりやの魔女

そういう現代の子どもは、どうやって魔女修業をすればよいのでしょうか。深津さんは草子に、『しずかな魔女』と題された、おそらく実体験に基づく自作小説を渡します。この作中作が作品の中心となります。そこに書かれていたのは、野枝という小学4年生の少女の夏の物語でした。やはり「しずかな子」であった野枝は、ひかりという少女となかよくなり、そのおばあちゃんのユキノさんから魔法を教えてもらうことになります。
ユキノさんは、他人の体や心を操る魔法を使っては行けないと厳しく戒めていました。うっかり読むと、野枝の行動も他人の心を動かしていたようにみえます。ユキノさんが禁じていたのは、「魔法」という強制力をもって人を支配することであって、野枝の行動のようなものはそれにはあたらないということなのでしょう。ここでの邪悪な魔法は、強制力を持つ制度や権力を指しているようです。であるなら、この物語を読むことで草子がそういったものから解放される展開は、希望と読めそうです。気になるのは、なぜこの物語が作中作という構造を持っているのかということです。最近出た小手鞠るいの『少女は森からやってきた』も似たような趣向になっていました。こちらは学校司書が子どもたちに向けて自分の過去を語って聞かせるという設定になっており、その内容が神聖なまでに輝かしい女子ふたりの友情の物語であったということも共通しています。「物語」というもの自体が家でも学校でもないサードプレイス、退避場所であるということを示してはいるのでしょうが、実力派のこのふたりの作家がほぼ同時期に似た趣向の作品を出したということには、もっと大きな意味がありそうです。

『モノ・ジョーンズとからくり本屋 』(シルヴィア・ビショップ)

モノ・ジョーンズとからくり本屋 (ものがたりの庭)

モノ・ジョーンズとからくり本屋 (ものがたりの庭)

「まあ、たしかにびっくりだけど、あわてずそつなくやるしかないってことね」

当たり前のことですが、本を好きになるのに資格はいりません。字が読めなくても、本を好きになることはできます。
主人公のモノは、〈白鹿亭〉という本屋を経営するジョーンズ一家に引き取られた孤児です。彼女には、家族には絶対いえない秘密がありました。それは、文字が読めないことです。でも、本のにおいや重みやページをめくるときの音を楽しんでいました。家族は、モノは当然字を読めるものだと信じ込んでいました。現実的に考えるとこれは教育ネグレクトなんですが、お話ですからそこはおいておきましょう。
さて、そんなジョーンズ一家に思いがけない幸運が訪れます。〈モンゴメリー本の王国〉という超巨大書店のオーナーになれる抽選に当たったのです。経営難だった〈白鹿亭〉を後にして〈モンゴメリー本の王国〉を手に入れた一家。でも、そんなうまい話に裏がないはずがなく、思いがけない陰謀劇に巻き込まれることになります。
この作品の一番のみどころは、本の遊園地と化している巨大書店です。ジャンルごとに部屋がわかれていて、〈飛行機の本の部屋〉はコックピットのようになっていて本は計器板のように並べられている、〈森の物語の部屋〉では本は木の上に置かれていて本物の小鳥や小動物がいるといった具合に、各部屋の装飾に工夫が凝らされています。しかも、その部屋は観覧車のような巨大な輪にぶら下がっていて、それを回転させることで各部屋を呼び出すという、大がかりな機械仕掛けになっています。
主人公のモノは字が読めない分、観察力と推理力が発達していたので、探偵役として活躍します。魅力的な舞台で一風変わった探偵が悪と戦う冒険物語として楽しむことができます。