『あした、また学校で』(工藤純子)

あした、また学校で (文学の扉)

あした、また学校で (文学の扉)

問 学校は、だれのものか。以下の選択肢から適切なものを選べ。
  ア 偉い政治家
  イ 経団連の偉い人
  ウ 文部科学省の偉いお役人
  エ B社

小6の一将の弟将人は、大縄跳びの大会に参加しようと張り切っていたのに、自主参加のはず(先生の意図としては、下手なやつは強制参加だったのだが)の朝練に出なかったことを指導担当の荻野先生に理不尽に怒られ、周囲の子どもからも下手なやつは来るなと責められて落ちこんでいました。一将の幼なじみの咲良が義憤に燃え、代表委員会の会議で問題提起しますが、ほとんどの子どもにスルーされてしまいます。その場で、委員会担当のまったく頼りにならなそうなハシケン先生は、「学校は、だれのものかって……考えたことはありませんか?」とみんなの前で問いかけました。
「学校は、だれのものか」、あまりにも当たり前すぎることですが、その当たり前を阻む現実の壁を、視点人物を替えながら作品は描いています。咲良の言葉をまったく取りあわなかった同級生の梨沙は、親から捨てられ経済的に困窮しているという現実に打ちのめされ、現状を受け入れてしまっています。正しいことが正しいとは限らない、お金のない人のためのはずの公立校にはお金がないと入れない、そんな矛盾に対して、受け入れるという対処しかできないのです。
子どもの視点、大人の視点を転変してさまざまな現代的な重要な問題提起がなされています。ただし、問題提起の部分がいいだけに、その解決法には首をかしげざるを得ません。なんと、縮緬問屋のご隠居が現れて悪代官を懲らしめてくれるのです。わたしは考え方が古いので、戦後の児童文学の流れを考えればもっと民主的な解決策を探るべきなのではないかと思ってしまいます。
いや、そんな青臭い理想主義を掲げていても現状は変えられない、世の中をよくしたければ権力を持つ者にロビイングするのが現実的だということなのでしょうか。であるとするならば、学校は権力者の気まぐれでどうにかなってしまうものであり、結局のところ学校は権力者のものだということになってしまいかねません。であれば、この作品の根本の問題提起も否定されてしまうような気がします。

『イマジナリーフレンドと』(ミシェル・クエヴァス)

イマジナリーフレンドと (児童単行本)

イマジナリーフレンドと (児童単行本)

語り手のジャック・パピエは、自分のことを「みんなのきらわれ者」だと認識しています。ふたごの妹フラーを除くみんなから無視同然の扱いを受けています。あるとき、妹がいつまでたってもイマジナリーフレンドに耽溺していることを心配して両親が話し合っているのを、ジャックは聞いてしまいます。妹が勝手に想像上の友だちなんてのを作っているのは自分に対する裏切りだと思ったジャックは、自分もスーパー・ニシンドラゴンというイマジナリーフレンドをでっちあげようとします。
カバーイラストや導入部から容易に予想がつくとおり、実はジャックがフラーのイマジナリーフレンドであったという仕掛けになっています。イマジナリーフレンドが主役になるのはA.F.ハロルドの『ぼくが消えないうちに』と同趣向ですが、本人がそれに気づいていないというシチュエーションをコメディにしているところに『イマジナリーフレンドと』のおもしろさがあります。本人がそのことを自覚すると、それならば「みんな(やっぱり)ジャック・パピエをきらっている」という章タイトルは表現が不適切だと、事後に書きかえるというひねくれた遊びもなされています。
主人公の正体が露見したのち、ジャックは自由を求めて自分の境遇からの脱出を図ります。しかし、イマジナリーフレンドを支配するお役所的なシステムが立ちふさがり、なかなかうまくいきません。中盤も、コメディ色強く物語は進行します。となると、しっとりした感じのカバーイラストは表紙詐欺ではないかという疑惑が浮上してきますが、そこがどうなるかは読んでのお楽しみということで。

『こちら妖怪お悩み相談室』(清水温子)

こちら妖怪お悩み相談室

こちら妖怪お悩み相談室

第16回ジュニア冒険小説大賞受賞作。ぬらりひょんがボスを務めている妖怪相手のお悩み相談所で活動している小学6年生のリカの物語です。
導入部がうまいです。特に設定説明もなくいきなりリカが垢なめからの電話相談を受ける場面から始まります。そのなかでこの相談所にはマニュアルや研修もあることが明らかになり、ある程度きちんとした思想や手法を持ったうえでこの相談所が運営されていることがわかります。ところが、その相談内容がほぼ犯罪の指南。防犯カメラのせいで家屋に侵入しにくくなったという垢なめに、玄関の防犯カメラは偽物の可能性があるとか、窓にはカメラがないかもしれないから確認しろとか、かなり具体的に家宅侵入の手口を教えてしまいます。
導入部はそんな感じですが、相互理解や多様性がテーマになっていて、内容は至って真面目です。ただしボスのぬらりひょんは、妖怪のなかには問答無用で人間を食べるような危険なものもいると警告することを忘れません。配慮が行き届いていて、作者は誠実な人なのだろうなあということが伝わってきます。
ただ、そういうところに目がいってしまうということは、娯楽性で物語に没入させる力が不足していたということでもあります。この物語はお説教ありきでこしらえられたものなのだろうということが透けてみえてしまっています。導入部のレベルの娯楽性が最後まで維持できなかったのが惜しいです。

『しあわせなハリネズミ』(藤野恵美)

しあわせなハリネズミ

しあわせなハリネズミ

藤野恵美といえばまず、家族の闇を描いた作品群が思い浮かびます。しかしそれは、孤独で気高い生き方を志向する作家であるということと表裏一体でもあります。
主人公は友だちを持たないハリネズミ。防御力が高いので他人とつるんで身を守る必要はありません。ひとりで刺繍という芸術活動をすることで自足しています。なにより、非論理的なことばかり話す他人とはコミュニケーションがとれないので、他人を遠ざけて生きてきました。そんなハリネズミの人生に、旅人のもぐらとの出会いが転機をもたらしました。泥団子を作る芸術家であり、論理的で穏やかな話し方をするもぐらはいままでハリネズミが出会ったことのないタイプの動物で、すぐに親しくなります。
日常会話で「ゆえに」を連発する過度に論理的なハリネズミは、『七時間目の占い入門』の小谷秀治のようなタイプです。おそらく藤野恵美は、このような吹きこぼれ傾向の子どもに向かって語ろうとする意志を持っているのだろうと思われます。
もぐらがハブとなってハリネズミを社会と繋いでいきます。その方法は、贈与や物々交換や貨幣による交換でした。つまり、モノのやりとり、経済活動を通してハリネズミは社会性を学んでいくのです。この具体性が藤野恵美の美点で、想定読者対象への配慮が行き届いています。
しかし、孤独な魂は社会との接続で救われることはありません。そして、唯一心を許せる友人となったもぐらも、いつかはまた旅立ってしまうのです。幸福を知ってしまうと、それを失うという苦しみを同時に得ることになってしまうという不幸。著者はこの苦しみに、それはもう美しい救済を与えます。

『真夜中の妖精』(湯湯)

真夜中の妖精 (トゥートゥルとふしぎな友だち)

真夜中の妖精 (トゥートゥルとふしぎな友だち)

7歳のトゥートゥルは、耳が聞こえない子。ひとりで池のほとりの柳の木に座って、遠く離れた正月の芝居を見物しています。
平澤朋子のイラストがよくて、トゥートゥルの孤独をうまく演出しています。それはつらい孤独ではなく、むしろ楽しい孤独です。トゥートゥルはひとりで芝居や美食を楽しみ、人から離れた柳の上の特等席で豊かな時間を過ごしているのです。
そんなトゥートゥルでしたが、池の上で自分と同じようにひとりで芝居見物をしている女の子を見つけて友だちになってからは、さらに充実した時間を得ることになります。
池の上に浮かんでいて緑色の服を着ている女の子は、どう見てもこの世のものではありません。異形のものと芝居、舞台、虚構が重なり合って幻想的な世界が構築されていきます。
そして結末は……。志怪小説の伝統を持つ中国、そして急速に重百合が発展してきている中国。その文化力のすさまじさをみせつけるかのような美しい幕引きを迎えることになります。

『きつねの時間』(蓼内明子)

きつねの時間 (フレーベル館文学の森)

きつねの時間 (フレーベル館文学の森)

ずっと母親とふたりで暮らしていた小学6年生のふみは、どうやら自分の父親が生きていてインドにいるらしいことを知って、その秘密を探ろうとします。
出生の謎とか、芸術家気質で社会不適応気味の親といった素材には、目新しさはありません。それは逆にいえば、安心して読める素材であるということもでもあります。
冒頭のシーンが興味を引きます。ふみは読書仲間の孝太郎くんから「好きなんだ」と告白され、「たった今、孝太郎くんのこと、きらいになった」となります。他人から好意を持たれても嬉しいと思うとは限らず、ウザいとかめんどくさいとか思うこともままあるわけですが、このケースはなんなのだろうと先が気になってきます。
ふみと幼なじみのりょうとの関係もおもしろいです。ふたりとも一匹狼タイプでべたべたつるんだりはしません。でも、幼稚園時代からのつきあいで、オシッコで固めたという(嘘だったのだが)砂ダンゴを持たされて「ゲッ」となった思い出などを持っています。このつながりにより、それぞれの小6としての感性と幼年の感性に架け橋が生まれ、幼年を内部に抱えた存在としての人間の姿が浮かび上がってきます。
主人公の感性や脇役との関係性の描き方がうまく、全体としてよい雰囲気の作品になっています。

『きつねの橋』(久保田香里)

後に頼光四天王のひとりとなる平貞道の若者時代を描いた歴史ファンタジー元服したばかりで一刻も早く手柄を立てたい貞道は、人を化かすきつねと対決することになります。その葉月というきつねは陰陽師賀茂保憲の封印で都に入れないようにされていましたが、貞道とともに橋を渡ったことで封印が解けてしまいます。その縁で葉月と貞道に交流が生まれます。葉月は幼い斎院の姫君に献身的に仕えていて、姫君の方も葉月を「きれいなしっぽの、わたしのたいせつなきつね」として姉のように慕っていました。後ろ盾になる母親が病気で賀茂の祭のための扇を用意できないことを不憫に思った葉月は、貞道に扇の調達を依頼します。
賀茂保憲やら若き日の藤原道長やら、平安のスターがたくさん出てきてにぎやかです。当時の最強盗賊袴垂と貞道の因縁も物語を盛り上げてくれます。
この作品の主人公の役割は明白で、タイトルにあるように「橋」、境界の橋渡しをする能力を持っています。葉月に結界を越えさせたことが第一の仕事。あるいは藤原兼家の五の君の肝試しの手助けをしたりもします。肝試しの舞台は宮中の異界宴の松原。こんなところに異界があるとなると、はたして境界の存在は確かなものなのかということにも疑問が浮上してきます。貞道は主人公としての能力と若さゆえの無知無謀さを武器に、霊的な境界も人間関係の境界も突破していきます。
物語の主軸は、葉月と斎院の姫君の異種間百合です。相手は異種であり斎院でもあるというハードルの高さに葉月は身を引こうとします。そんな葉月を力強く応援する貞道の姿には、これこそヒーローであるという貫禄がありました。