『24時間のキョーフ 2 夜明け前のキョーフ』(日本児童文学者協会/編 軽部武宏/絵)

夜明け前のキョーフ (24時間のキョーフ)

夜明け前のキョーフ (24時間のキョーフ)

  • 発売日: 2020/06/12
  • メディア: 単行本
日本児童文学者協会編のホラーアンソロジー。そのなかからベテランの実力を見せつける2作を紹介します。
岩瀬成子の「白い髪を三つあみにしたものすごく大きなおばあさん」はタイトルの時点ですでに怖いです。これは主人公の未央のおかあさんがよく語る怪談で、大きなおばあさんが夜中にうちの冷蔵庫の食べ物を食いあさるというものでした。大人が適当に言ったホラが子どもの想像力のなかでどんどん実在感を増していくさまが読ませます。子どもの想像力の暴走を描くのは岩瀬成子の得意技ですが、それをホラーというジャンルに落としこむとここまで怖くなるのかと、驚かされます。
ナンセンス童話の名手内田麟太郎の「時の病」は、創作落語です。名前に「女」が
入っているから山女魚も避けるほどの女性恐怖症の若者の物語。これは大人の濁った目で読むとかなりきわどい艶笑噺とも読めるのですが、それよりも羞恥心が高じて若者が肉塊になってしまうグロテスクな展開がぶっとんでいます。
イラストは怪談絵師として人気の軽部武宏。おおきなおばあさんも肉塊もインパクトが強く、夢に出てきそうです。

『影を呑んだ少女』(フランシス・ハーディング)

影を呑んだ少女

影を呑んだ少女

大人気フランシス・ハーディングの邦訳3作目は、ピューリタン革命の時代を舞台にしたファンタジーです。主人公の少女メイクピースの一族には、死者の霊を取りこむ特殊能力がありました。一族の祖霊たちは器となる人物に憑依することでそれを支配し、擬似的に命を長らえようとしていました。メイクピースはそんな一族のあり方に耐えられず、反抗を試みます。
メイクピースがはじめて取りこんだのは、人ではなく人間たちに虐殺されたクマの霊でした。はじめは自分のなかのクマの存在に戸惑うメイクピースでしたが、クマの野生の力に守られ、自分もクマに居場所を提供することで、奇妙な共生関係を築いていきます。われわれのよく知るおとぎ話では、クマと愛しあった少女はやがてクマになります。メイクピースも同様の道をたどり、クマの野生の力を自分のものにしていきます。この少女とクマの関係性の熱さが、本作の大きなみどころです。
ユリ熊嵐 Blu-ray BOX

ユリ熊嵐 Blu-ray BOX

  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Blu-ray
メイクピースは人間の霊も取りこんでいきます。男性の医師の霊を取りこむと、その知識を得て、医療技術を使えるようになります。ただし医師は、男性の自分がいる以上自分が主導権を握るべきだという男性優位の思想を押しつけてきます。知識や思想を伝えるというこの営みは、「教育」と呼ばれるものに似ています。教育はまず、支配の手段として上から押しつけられます。しかし、与えられた知識や思想を自分のものとして取りこむことができれば、自立のための大きな武器となります。メイクピースはこうして戦うための力を得ます。メイクピースの幸運は、人の霊を取りこむ前にクマの霊から野生の闘争心を与えられたことでした。
ということで、メイクピースもハーディング作品の主人公らしい主体性を持った聡明な女性として覚醒していきます。家を転覆させるだけではなく、内乱に乗じて社会を自分に都合のいいようにつくりかえようという野心まで持つようになります。このたくましさに魅了されてしまいます。

『お庭番デイズ』(有沢佳映)

お庭番デイズ  逢沢学園女子寮日記 上

お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 上

お庭番デイズ  逢沢学園女子寮日記 下

お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 下

10年代児童文学を代表する超傑作『かさねちゃんにきいてみな』から約7年、ようやく待望の有沢佳映新作が出ました。中高一貫校の女子寮を舞台にした作品です。この逢沢学園の女子寮には学校内の問題を解決する助け合いの制度があって、「お庭番」と呼ばれる情報収集係が前線に立って活躍していました。語り手のアス(戸田明日海)を含む1年生三人組が新たなお庭番に指名されるところから物語は始まります。4話構成になっていて、第1話は三人組がお庭番を引き受けるまでの話、第2話は女子生徒が男子寮の生徒をストーキングする事件の話、第3話は学校前にある文房具などを売る小さなお店で起こる万引き事件の話、第4話は霊感少女が起こしたもめごとの話となっています。
小学校の登校班を舞台にした『かさねちゃんにきいてみな』がそうであったように、この作品も基本的には子どもたちのおバカ行動を写実的に描いたギャグ小説になっています。女子寮の生徒は登校班より数がかなり増えていて50人ほど。人数のぶんにぎやかさが増しています。女子たちのおバカ行動の例を列挙すると、

とんがりコーンにアイスを乗せてミニアイスにする。
ポルターガイストを鎮めるため夜中に3人で『負けないで』を合唱。
・夜中に「タンバリンごっこ」をして、部屋の電気のスイッチを破壊。

といった具合。いかにもありそうなおバカ行動が休む間もなく繰り出されます。
助け合いのなかで他人をよく知ることができれば理解することができるという、基本的に前向きな話ではあります。たとえば第2話の恋多きストーカー女子も、人のよいところを見つけるのが得意な人であるというポジティブな言い換えで受け入れられます。ただし女子たちには冷めた面もあって、コミュニケーションに工夫や戦略を施すことを忘れません。
第3話の万引き事件の被害者になるのは、生徒たちには「ババアの店」の「ババア」と呼ばれている老人。偏屈な性格で多くの生徒たちからは敬遠されています。女子たちは、ババアの存在が身近になれば万引きはしにくくなるであろうと、授業の課題である地域インタビューのスライドショー作成の題材に取り上げるという案を出します、しかし、ここで伝える情報は天然物ではなく、加工品であることを女子たちは意識していて、インスタ職人の子がババアの写真をいい具合に演出したりします。
第4話では、霊感少女を女子寮のクリスマス怪談会の演者として受け入れます。そのなかで、霊感少女と思われた女子がオカルトを無条件に信じるタイプではなく、学術的に研究するタイプのおもしろ女子であることが明らかになります。演者ひとりに対し無数の観客がツッコミを入れるというこの怪談会のあり方は、YouTuberのライブ配信のチャットのようでもあります。そこに、演者が信じていない寮の地縛霊もポルターガイストでにぎやかすので、有沢佳映らしいカオス空間となります。
『かさねちゃんにきいてみな』と同じく、表面上浮かれた話の裏側には暗いものも見え隠れします。女子寮の朝は忙しく、アスは「ダルくなるヒマもない」と述懐しています。これは管理する側からみれば子どもを疲れさせることで思考を停止させるという悪巧みでもあるのですが、子ども側からみれば忙しさに追われることでつらいことに正面から向き合わなくてすむようにする処世術にもなっています。アスたちは、意識して気を紛らせなければ正気を保っていられない現実があることを知っています。
『かさねちゃんにきいてみな』の正統進化形といった感じで、『かさねちゃん』以来新作を待ち続けてきたファンの飢えを十全に満たしてくれる作品でした。次の作品はここまで待たせないようにお願いしたいです。

『イナバさん!』(野見山響子)

イナバさん!

イナバさん!

イラストレーターとして活躍している野見山響子による、不条理SF童話。主人公のイナバさんは郵便局で働いています。忘れ物が多いうっかり者なため、境目に迷い込みやすく、よく不思議な事件に巻きこまれてしまいます。
第1話は、電車に鍵の入ったカバンを忘れて家に帰れなくなったイナバさんが、それを追って終着駅まで電車に乗るエピソードです。途中から電車内に様々なものが出現します。どうやらそれは電車内に忘れられたものたちのようで、イナバさんも遺失物として処理され保管所に監禁されそうになってしまいます。メビウスの輪状になっている線路がタイムトンネルになるというSF的な奇想が楽しいです。
この作品には、叙述のたくらみもあります。イラストを見れば一目瞭然で、物語のはじめの方で当然触れられるはずだと思われる情報について、作品はあえて言及を避けます。それが、第3話の影を追いかけてやはり境目を越える話で効いてきます。この仕掛けにはうならされました。
食べ物を描く児童文学としても秀逸です。労働に疲れた週末にカフェでオムカレーを食べる時間の、なんと豊かなこと。たまごの黄色が癒やしを与えてくれます。また、第2話で迷いこんだ絵画の世界でありつついた、キノコや干しトマト・ホウレンソウとさまざまな色彩が入り乱れるオムレツにも、食欲を刺激されます。絶対夜中に読んではいけない本になっています。

『春の嵐 ペンダーウィックの四姉妹4』(ジーン・バーズオール)

「ペンダーウィックの四姉妹」シリーズ第4弾。長女ロザリンドはもう大学生、来年は次女スカイ、再来年は三女ジェーンも大学に入学します。上の3人はだいぶ大人に近づいてきました。ということで、4巻で主にスポットライトを浴びるのは、もうすぐ11歳になるの四女バティになります。大きくなってどちらかというと常識人ポジションに落ち着いたバディは、姉3人と弟妹に挟まれてけっこう難しい立場になります。特に2歳の妹「ばくだんたんぽぽむすめ」のリディアが暴れん坊で、いつベビーベッドから脱出するかわからず苦労させられます。さらに、3人連続で大学に入れなければならないのでペンダーウィック家に軽い経済的危機もやってきて、バティも「ペンダーウィックなんでも屋」を開いてお金を稼がなければという心配まですることになります。
ところが、バディにはさらに過酷な試練が待ち受けていました。母親からエリザベス・ペンダーウィックという名前を受け継いだバディと、容姿を受け継いだスカイ。歌の才能が開花しかけていたバディですが、声を出せなくなってしまうくらい精神的に追いこまれてしまいます。
今回は、年長の3人を含んだMOPS(ミーティング・オブ・ザ・ペンダーウィック・シスターズ)がなかなか開かれません。これにより、姉3人が大人になって変わってしまったのではないかと読者は心配させられます。
それだけに、MOPSが開かれて一気にシリアスな空気が消え去る展開に救われます。ロザリンドもスカイもジェーンも全然変わっていませんでした。特に4巻で空気だったジェーン、読書感想文の件はいい加減に学習しろ、いつまでもそのままのジェーンでいてください。
今回はとくかく、「よかった、よかった」という感想しか出てきません。

『ルドルフとノラねこブッチー』(斉藤洋)

忘れたころに新作の出る「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズの5巻が登場。約30年で5冊、こういうゆったりペースが許されるのが児童文学のいいところです。
なにかとルドルフとからむことの多かったブッチーに、転機が訪れます。急に文字を習いたいと言い出し、ルドルフが指南役を引き受けます。そんななか、茨城に引っ越したブッチーの元の飼い主が近辺に現れているらしいという情報が流れます。ブッチーは元飼い主を探そうと茨城に旅立つことを決意、ルドルフとイッパイアッテナもその手助けをします。
あいかわらず教養あふれるイッパイアッテナと、どんな場面でも変なことが気になってしまうルドルフのキャラは変わらず、安定した楽しさを提供してくれます。今回の大きな課題は、どうやってブッチーの元飼い主の住所をつきとめるかというもの。ブッチーはねこなので、飼い主の名前すらきちんと認識していません。人間の文字を読めるというイッパイアッテナの特殊能力があっても、情報が全然足りないので捜査は難航します。ここをどう工夫して手がかりを得るかというのが、この巻のみどころです。
もちろん、燃えるねこバトル展開もあります。イッパイアッテナがブッチーの必殺技のスリーパーホールドの弱点と克服法を指摘したことが布石になって、圧倒的不利な状況での頭脳バトルを盛り上げます。
ルドルフとブッチーの友情の熱さとイッパイアッテナ親分のかっこよさを、存分に堪能させてもらえました。

『チョコレート・ウォーズ』(エリス・ドラン)

チョコレート・ウォーズ

チョコレート・ウォーズ

児童文学マニアがこのタイトルをみて思い浮かべるのはこれなわけですが、中身はこれでした。本を開くとまず、「チョコエッグってどうやってつくってるとおもう?」という問いかけが提示され、読者の期待感があおられます。そして次のページで見開きを縦に使った大画面で、上から下へとその製造過程が解説されます。少し視線を移動させるだけで愉快なものどんどんが目に飛びこんでくるというのが絵本の醍醐味。そんな楽しさを存分に味わわせてくれます。
はじめに大鍋でチョコレートをつくり、それをニワトリたちが食べ……、え、ってことは、それが総排出腔から……? そんなチョコレート工場の秘密、知りたくなかった……。
さて、チョコエッグで儲けたバニーしゃちょうの欲望は増大し、ニワトリの労働者をこき使ってさらに利益を上げようとします。すると労働者は疲弊し事故も増え、労働環境は悪化します。ついにニワトリの労働者たちは立ち上がり、ストライキを決行します。
かなりエグいブラックユーモアでブラック労働の現場が描かれているのがみどころです。チョコレートのをつくる巨大鍋に誤って落ちたニワトリは、そのまま行方不明になってしまいます。『セメント樽の中の手紙』かよって思いますが、このチョコレートはニワトリに食べられるからこのままでは共食いということになるわけで、さらにひどいです。イギリスのプロレタリア絵本、容赦がありません。
やがて労働者になるすべての子どもたちに読んでもらいたい作品です。
それにしても、チョコエッグの製造法は知りたくなかった……記憶を消したい……。