その他今月読んだ児童書

時をかける落語少年の受難を描く『落語少年サダキチ』の待望の約3年ぶりの新刊が登場。少しブランクがあっても、田中啓文のギャグセンスと語り芸、鯉沼恵一のタイポ芸は相変わらず高いレベルを維持しています。
今回忠志は、短時間で三題噺を考えるよう強要されたり、怖がりなのに肝試しの前に怪談話をするように強要されたり、無茶ぶりがひどくなっています。これでは江戸時代に逃げたくなるのも無理はありません。怪談がテーマになるので、朝倉世界一の描く様々な妖怪が拝めるのも嬉しいです。宮川健郎の児童文学論では「箱舟」が重要なキーワードとなっており、たとえば那須正幹の『ぼくらは海へ』などは「「箱舟」のなかでむかえる死」が描かれた作品であるとされています。
カラフル文庫の看板作家であった藤咲あゆなのポプラキミノベルのシリーズ「セカイのハテナ」は、パンデミック後の世界を舞台にしたディストピアSF。ウィルスのせいで早死にしてしまい大人がいなくなるため、子どもたちは学校にコミュニティを築いて生き延びています。「時の方舟」と題されたこの2巻では、子どもたちがどのように箱舟の中で死をむかえるのか(あるいはむかえないのか)という問題が主題となってきます。『幸せな家族』の鈴木悦夫の作品。ある家族のもとに腹話術師がやってきて家族の秘密を暴露しまくるという導入部から、不気味な世界に入っていきます。主人公のリリ子のパパの秘密は、ある宝物を盗み出す計画を立ててしたことでした。しかしパパにはそれを実行する気は全くなく、純然たる空想遊びとして楽しんでいました。リリ子はそのことを、「頭の中でなら、どんなことを考えてもいいと思った。うれしいこと、かなしいこと、きれいなこと、きたないこと、やさしいこと、いじわるなこと、まじめなこと、いやらしいこと、どんなことだって考えるだけなら自由だと思った」と評価します。リリ子は小学4年生ながら、内心の自由というものをきちんと理解しているわけです。物語は、内心の自由とそれを脅かそうとする暴力の戦いに発展していきます。尖ったテーマを実に薄気味悪く描いた、奇妙な味の作品でした。

『りりかさんのぬいぐるみ診療所 わたしのねこちゃん』(かんのゆうこ)

高原の森のなかに診療所をかまえてぬいぐるみを修復するお医者さんりりかさんの物語の第2巻です。カバーイラストの、人のいない夜の空間の静かな威圧感のすさまじいこと。ぬいぐるみのお医者さんというふわふわしたような設定ですが、第2巻では病院は冥界に近い場所であるという側面に踏みこんでいきます。
第1話の「わたしのねこちゃん」は、りりかさんが雑誌の編集者から取材を受ける場面から始まります。編集者の美和子さんはりりかさんと話しているうちに、かつて不本意な別れ方をしたぬいぐるみのねこちゃんのことを思い出します。そして奇妙ななりゆきで美容師になったねこちゃんと再会を果たします。
ねこちゃんは、引退したぬいぐるみは『思い出の国』に行って新しい生活を始めるのだといいます。この第1話だけを見ると、喪失の物語、喪の物語として穏当にやさしい作品のように感じられます。
しかし、第3話「モーツァルトの願い」で印象はだいぶ変わってきます。どこかで見たことのあるようなはりねずみが森で倒れていた白いがちょうのぬいぐるみを救出して診療所に連れてきたのが、物語の発端。がちょうのモーツァルトは、不幸な捨てられ方をした身の上話を語ります。それによると、思い出の国には車に乗っていくもので、そのときは、「大きなふくろに入れられて、思い出の国行きの停留所に置かれた」のだといいます、第1話では抽象的でしたが、ここではいやに現実的な場面が思い浮かんできます。
カバーイラストにふさわしいあたたかみのある暗さがあるところが、2巻のよさであったように思います。

『ふたごチャレンジ!2  マスクの中に、かくしたキモチ?』(七都にい)

現代版とりかへばや物語の最前線、「ふたごチャレンジ」シリーズの第2弾。ふたごのあかねとかえでは転校先の学校で入れ替わって過ごすことにして、その嘘を周囲に打ち明けるまでが第1巻までのお話。第2巻の冒頭は、自分らしさを解放したふたりがファンションショーをするという実に楽しげな場面を提供してくれます。でも、あかねもかえでもこの後それぞれ曇ることになってしまうのですが……。
第2巻は、学芸会の演劇を中心に物語が進行します。ふたごはふたりでアリス役をするように推薦されますが、なかにはそのことにわだかまりを持つ同級生もいます。特にかえでは直接的なヘイトを向けられます。なかでもかえでにつらくあたったのは、いつも黒マスクをしている吉良辰紅という男子でした。不穏さを抱えたまま、学芸会の準備は進行していきます。
1巻のラスボスだった校長のようなわかりやすい弾圧者を倒せばハッピーエンドというような安易さを、このシリーズは許してくれません。澱のように沈殿した悪意との対峙という難しい課題に、作品は向きあっていきます。
あかねの相談相手になる大人びた少年太陽は、誰かをスケープゴートにすることで集団を団結させる構図は、差別する側にも反差別の側にも当てはまると説きます。ここで、加害と被害は簡単に反転するという問題提起がなされます。また、差別問題を別にすれば、目立っていて特別扱いされる子に反感を持つ気持ちは、頭ごなしに否定できるものでもありません*1。こっちが絶対的な正義であっちが絶対的な悪であるという決めつけは不可能であるという複雑さを受けいれながら、できるだけ人を傷つけることのない解決の道を、作品は探っていきます。
様々な方面に繊細な配慮をしながら、しっかりと娯楽作品として読者をもてなしていて、これこそ新世代のエンタメ児童文学という感じがします。ラストの次回への引きもバッチリで、ますますシリーズの今後が楽しみになりました。

*1:このあたりの問題は、同じつばさ文庫の「四つ子ぐらし」シリーズでも触れられている。

『小梅の七つのお祝いに』(愛川美也)

第61回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。
小学一年生の小梅は、忙しい家族にほったらかしにされがちで、七五三も後回しにされていました。11月の日曜日に小梅は、黒牛に導かれて神社から不思議な世界に迷いこみます。
児童文学読みがこの作品を読んでまず思い浮かべるのは、『はてしない物語』でしょう。『はてしない物語』型往還物語としてまずまずの作品です。
牛テーマのダジャレばかり言う黒牛はやさしげで、お祭りのような異空間も浮かれた雰囲気。そこそこの安心感を持って読み進めていくことができます。近づけは近づくほど巨大になる鳥居とか、ビルの壁のような巨大な赤い橋とか、単純に夢幻的なイメージも楽しいです。
しかし、死んだ七つの幼子は賽の河原に集まるもので、和風のこの手の異世界探訪は冥府巡りのような不穏さも抱えてきます。また、『はてしない物語』として読むならば、「元帝王」を思わせる闇設定も登場します。
現代の日本の児童文学としては珍しい空気感を持つ作品なので、著者が第2作でどのような作品を世に問うてくるのか気になるところです。

『スペシャルQトなぼくら』(如月かずさ)

『カエルの歌姫』(2011・講談社)や『シンデレラウミウシの彼女』(2013年・講談社)など、「L」「G」「B」「T」と簡単にラベリングできないセクマイを描いてきた如月かずさは、10年代のこの分野の児童文学ではトップランナーであったと断言しても異論はなかなか出ないでしょう。戸森しるこや村上雅郁、あるいは七都にいといった新世代の書き手が台頭するなかで、久しぶりにこのテーマに挑んだ如月かずさが存在感を示すことができるのか、注目されます。
中学2年のナオは、あまり接点のなかった優等生のユエが女の子のようなキュートな格好で出歩いている現場を目撃します。かわいくなったユエの姿を見てうらやましさを感じたナオは、ユエの手ほどきで自分もキュートな格好をします。やがて、ナオはユエにある感情を抱くようになります。
日本の児童文学でも、「L」「G」「B」「T」を取り扱った作品は蓄積しつつあります。しかし、「Q」「A」というわかりにくいセクマイをテーマにしたのは、やはり如月かずさの慧眼です。しかし、これは『スペシャルQトなぼくら』で急に始まったわけではありません。『カエルの歌姫』の両声類の主人公や、『シンデレラウミウシの彼女』のずっと一緒にいたいと願っている同性を超常現象で異性にしてしまった主人公の性指向・性自認は、「L」「G」「B」「T」ではラベリングできません。
作品で描かれるのは、自分の好きなファッションをすることの楽しさ、自分を解放することの楽しさです。そして、ナオやユエは自分たちの本質をオープンにすることはなく、外界からの弾圧はほぼ描かれません。あくまで主軸は、自分らしさの追求とふたりの関係性です。
社会正義の観点からいえば、差別と対峙すべきなのかもしれません。作中では触れられていませんが、ふたりが個人の選択として一生秘密をクローゼットに隠しておくつもりなのであれば、それは尊重されるべきでしょう。あえて差別との戦いを主題に置かなかったことは、如月ならではの配慮なのではないかと思われます。
如月作品は初期から、恋愛の加害性という問題にも踏みこんできました。たとえば講談社児童文学新人賞佳作受賞作の『サナギの見る夢』の特にモテないわけではない主人公がバレンタインを憎んでいたのは、人を選別し分断する恋愛の加害性に気づいていたからでしょう。また、超常現象により好きな相手の性別を変えてしまった『シンデレラウミウシの彼女』は、まさに相手になんらかの感情を抱くことの加害性がテーマになった作品であるといえます。
そして『スペシャルQトなぼくら』では、恋愛感情を抱くことも抱かれることもある意味加害になってしまうという状況に踏みこんでしまいます。
さらにこの作品の驚嘆すべきところは、これだけ攻めたテーマを取り扱いながら、ベッタベタな展開できっちりと娯楽読み物として仕上げているところです。
ということで、20年代トップランナーも如月かずさであることが確定しました。セクマイテーマの児童文学を語るさいは、しばらくは『スペシャルQトなぼくら』が基準になりそうです。

『末弱記者』(森忠明)

末弱記者

末弱記者

Amazon
森忠明の小説の単著は、1997年の『グリーン・アイズ』以来もう四半世紀ぶりということになるのでしょうか。森忠明は、自身の少年時代をモデルにした自伝的・あるいは私小説的な作品ばかりを書き続けてきた特異な作家です。繊細で自虐的な男子の内面を活写する技術において、児童文学界で彼の右に出る作家はそうはいないでしょう。他に類をみない個性を持つ作家の久しぶりの本が出たことは、事件と呼んでも大げさではありません。
表題作は「ざわざわ」6号(2021年)初出の短編です。これが最新の作品で、他に「飛ぶ教室」に掲載された短編等が収録されます。
表題作「末弱記者」も、例によって私小説的な作品です、「あんた」に呼びかける二人称のような形式になっているのではじめはとまどわされますが、森少年が『きみはサヨナラ族か』等に登場する親友の有明に宛てた手紙という趣向のようです。小学校高学年時代を「登校拒否」して過ごしていた彼が、中学校では新聞委員となり、文章修行の第一歩を踏み出します。
これだけの繊細な魂を持っていながら森少年はなぜ絶望せずにすんだのか。その理由は多くの森作品で描かれているように、親友の有明の存在と、先達との出会いに恵まれていたことによるのでしょう。この作品では、新聞委員の先輩という身近でありながら大きくみえる先達へのまなざしのあり方が、読みどころとなっています。

『空から見える、あの子の心』(シェリー・ピアソル)

はぐれ者のエイプリルは、同級生との関わりを避けるために下級生の世話をする『友だちベンチ』係に志願しました。エイプリルが気になっているのは、エイプリルよりさらに変わり者のジョーイ。あるときエイプリルは、ジョーイの謎行動が地面に巨大な絵を描く活動であったことを知ります。ジョーイの隠された才能が見つかってしまったことから、騒動が巻き起こります。
芸術は鑑賞者のためにあるのではありません。第一義的には、それを作成する芸術家本人のためにあるのです。ですから芸術家のなかには、発表することや発見されることにほとんど興味のない者もいます。ジョーイはそのタイプの芸術家でした。
ジョーイが地面にうずまきを描くと、排水溝に流すように自分のいやな気持ちを処理する作用をもたらします。日本の児童文学では、杉みき子が短編「地平線までのうずまき」で地面にうずまきを描く女子を登場させていました。こちらでは、うずまきが広がっていくさまが心を自由に解放していくという、ジョーイのものとは対照的な作用となっています。芸術はまず芸術家の心になんらかの作用をもたらすものであるという、芸術の偉大な本質のひとつの側面が描かれているのが、この作品の特徴です。
ただし、芸術が見つかってしまった以上は、世間との関わりが生まれ軋轢も生まれてしまいます。それが、物語とジョーイたちの運命を動かしていきます。