『ココロ屋 つむぎのなやみ』(梨屋アリエ)

2011年に刊行されロングセラーになっている『ココロ屋』の続編が登場。このところちかこからいやがらせを受けているつむぎは、ひろきから車輪のついた扉の先にあってココロを入れ替えてくれるというココロ屋の存在を聞きます。扉を見つけココロ屋に入ったつむぎは、ちかこの意地悪に対抗するために『意地悪なココロ』*1を手に入れ、反撃を開始します。
「ココロ」というとらえどころのないものを取り出して客観的に観察できるようにしたことが、このシリーズの成果です。『空っぽなココロ』にナヤミノタネやシンパイノタネがくっついて育つ様子を観察させるなどして、ココロの特性をわかりやすく解き明かしていきます。ココロをもののように扱うことが、かえってそれを大切に慎重に取り扱うための知恵となっています。
『意地悪なココロ』に懲りたつむぎは、いまの自分にぴったりだと思われる『ダメなココロ』に取り替えます。この場面のギャグが天才的です。つむぎはしゃがみこんで「岩のポーズ」をとります。それが邪魔だからどくよう先生に指示されると、しゃがんだまま足を動かし横に移動します。それに対して「新種のカニかしら。」と言う先生のすっとぼけ方が笑えます。

『ダメなココロ』じゃダメだ。『ダメなココロ』に入れかえても、わたしはダメなんだ。

「そうじゃなくて、ダメな「ダメなココロ」みたいです。あれ? ダメな『ダメなココロ』って、ダメじゃないってことですか?」

つむぎはダメ思考のループに陥ってしまいます。自分という主体から客体としてココロを取り出しそれを向き合わせると、合わせ鏡のような目眩のする無限ループが生じます。
そもそも、『ココロ屋』の扉が出現する際には学校の廊下が無限に広がるという設定になっていました。そして、『ココロ屋』の主人のウツロイ博士も、「おじいさん」「まほうつかいのおばあさん」「ネコの顔」「マグロの顔」と、顔を無限に変化させています。このシリーズは、はじめから無限を意識していたのです。
ココロを客体化することでそれを大事にするための考え方を授けるという実用性が、『ココロ屋』の一番の美点です。さらに、無限に思いを馳せさせるというロマンも、大きな魅力になっています。

*1:『ココロ屋』には、『意地悪なココロ』を見つけたひろきが「意地悪なココロがほしい人なんて、いるんですか。」と尋ねる場面があります。9年先を見据えて布石を打っていた梨屋アリエの計画性には戦慄を禁じ得ません。

『10分あったら…』(ジャン=クリストフ・ティクシエ)

父親の失業のためパリから田舎に引っ越した少年ティムは、二日間の留守番を命じられます。田舎で友だちもいない環境での留守番は、どう考えても楽しいものにはならなそうでした。しかも、DIYマニアの父親から「10分あったら、おまえの部屋の壁紙はがすのを、やっといてくれよ」と頼まれ、重労働まで押しつけられます。ところが、壁紙をはがしたあとに「これはわたしの物語」という謎めいたメッセージが現れたことから、ティムの休暇の様相は変わっていきます。隣家の女子レアからこの家がとんでもない事故物件であることを教えられ、インターネットで詳しく調べてみると、銀行強盗の男が殺された家であったことがわかります。その強盗事件で奪われた金の延べ棒はいまも行方不明になっていました。ティムは隠された宝物をめぐる事件に巻きこまれることになります。
家に出入りする湯わかし器修理の男が怪しい振る舞いをしたりと、ティムの周囲は急速に不穏になっていきます。親がいないからひとりだけの冒険ができるけど、親がいないから安全は保証されない、でも親に助けを求めると冒険ができなくなってしまう、この葛藤でティムの心は揺れ、この綱引きが物語のサスペンス性を盛り上げていきます。
また、レアとの関係もティムを悩ませます。いつの間にかティムのひとりだけの冒険は、レアとふたりの冒険に変化していきます。レアは気まぐれタイプの女子で、どこまで真剣に冒険に取り組んでいるのかも判然としません。レアが帰ったあとにひとりで謎解きを進めるとレアの楽しみを奪うようで悪いかなと考えたりと、ひとりで気をもむティムの様子も楽しいです。

『ドーナツの歩道橋』(升井純子)

ドーナツの歩道橋 (teens’ best selections)

ドーナツの歩道橋 (teens’ best selections)

今月になって、衝撃的なニュースが流れてきました。厚生労働省が初のヤングケアラーの実態調査を始めることになったというのです。調査すらなかったということは、行政的には日本にヤングケアラーは存在しなかったということになるわけで、当然なんの支援もなかったということになります。
日本の政治は地獄ですが、児童文学はこの問題に早くから取り組んでいました。老人介護をテーマにした児童文学は近年たくさん出ていますし、身体的・精神的障害を持つ親や兄弟の世話をする子どもが登場する作品もいくらでもあります。この『ドーナツの歩道橋』もその系列の作品です。
祖母の介護で疲弊する高校1年生の麦菜の物語。麦菜の祖母に対する思いは、ぐるぐるめぐります。調子のいいときはそれなりに優しく祖母に接することができますが、最悪のときには「これで生きてるっていえるんだろうか?」「これを生きてるとカウントするのか」と思ってしまい、石原慎太郎レベルまで倫理観が後退してしまいます。
介護することで人は心理的にどれだけ追い詰められるのかという描写に迫力があります。麦菜は、「介護ってどうしてこんな五感を破壊することばかりなんだろう」と述懐します。排泄の世話だけだったら、それほど抵抗なくできてしまいます。しかしそこに必然的に付随することを許容できるかどうかというのは、大きな壁になります。そこを逃げずに描いた勇気には驚嘆させられました。

『世々と海くんの図書館デート 恋するきつねは、さくらのバレエシューズをはいて、絵本をめくるのです。』『世々と海くんの図書館デート 2 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき。だいすきです。』(野村美月)

青春ものに強いライトノベルレーベル・ファミ通文庫の屋台骨を20年近く支えてきた人気作家野村美月青い鳥文庫に初登場。一挙に2巻同時刊行というのも異例の扱いで、期待の高さがうかがわれます。
森の中に住んでいるきつねの女の子笛ノ森世々は、人間の男の子西室海くんに恋をしていました。家庭の事情でいつも図書館にこもって勉強している海くんのことを、人間に化けた世々は絵本を読みながら見ていました。海くんもそんな世々が気になるようになり、海くんの方から告白してふたりの交際が始まります。
といっても、ふたりのデートはそれまでと変わらず図書館での勉強・絵本読み。端から見てるともどかしくてたまりません。海くんの親友の由鷹くんや海くんに片思いしている相沢さんも優しいまなざしでふたりを見守っていて、読者も友人たちの視線に自分の視線を重ねてふたりの恋の行方を眺めることになります。お互いに下の名前で呼びあうこと、手をつなぐこと、ゆっくりと自分たちのペースで世々と海くんは恋を育てていきます。
その時々で世々が読んでいる絵本の内容も、物語に関わってきます。世々の無邪気な語りと引用される絵本の言葉の相乗効果で、物語世界の幸福感はたいへんなものになっています。
青い鳥文庫は老舗の児童文庫レーベルだけあって毒の強い作品が多いですが、この作品は全く違います。読者は毒ではなく砂糖の大量摂取で殺されることになります。最高。
以下、2巻の結末部分に触れるので未読の方は読まないようにお願いします。
だいすき。 (BOOKS POOKA)

だいすき。 (BOOKS POOKA)

だいすき。 (BOOKS POOKA)

だいすき。 (BOOKS POOKA)

だいすき。 (BOOKS POOKA)

だいすき。 (BOOKS POOKA)

最後のエピソードで、世々はアンドレ・ダーハンの絵本『だいすき。』の仕掛けを暴きます。無邪気そうにみえて、世々の正体、「文学少女」じゃないか。世々は読めてしまう側にいるわけです。
海くんの劣悪家庭環境も明かされます。世々が愛情あふれる3人の姉に囲まれているのに対し、海くんと3人の妹の関係が冷えきっているという対称性も気になります。基本線では作品世界の幸福感は維持していくのでしょうけど、物語がどう転んでいくか、先が楽しみです。

『火狩りの王 四 星ノ火』(日向理恵子)

火狩りの王〈四〉 星ノ火 (4)

火狩りの王〈四〉 星ノ火 (4)

火に近づくと人体が発火して死んでしまうようになった世界を舞台にしたポスト・アポカリプスSF児童文学の第四部。改造人間たちの狂宴もいよいよ終局に到達しました。
エンタメとしては、消化不良の感は否めません。凄惨な残酷描写や、高貴な姫神の姉妹が心中したともとれる美的な場面など、みどころもありました。しかし、物語的なカタルシスは欠如しています。
この本の煽り文句には、「〈揺るる火〉が、最後に下した決断は?」とあります。決断を下すのは主人公側の灯子でも煌四でも明楽でもなく、他者に委ねられてしまうのです。主人公が主体性を発揮できないのであれば、物語がうまく収まった感じがせず、読者は気持ち悪さを抱えたまま置き去りにされてしまいます。
おそらく、火狩りの王が誕生すれば火を治めることができるようになり世界が救われるという序盤に開示された設定を素直に信じていた読者は少数でしょう。このような現実を生きている私たちは、英雄を待望する物語を求めてはならいのだと戒められているのかもしれません。それにしても、その無意味さをここまで徹底させたことには驚嘆させられます。
人類の未来に確かな希望はなく、作中人物たちは過酷な世界で生き続けなければなりません。作品はどこまでも無意味さ・無力さを見つめています。いまの時代の空気が如実に反映されているのは、このような作品なのかもしれません。

『いえでででんしゃ、しゅっぱつしんこう!』(あさのあつこ/作 佐藤真紀子/絵)

12年ぶりのシリーズ新作。
冒頭が狂気に満ちていていいです。熱があって学校を休んでいるさくら子は、外で春の嵐が吹き荒れているのを聞いて、顔には目も鼻もなくギザギザの歯が生えている口だけがある首の長い怪獣が吠えているところを想像します。そして、昨日学校の図工の授業で空想の国を描くという課題を出され、みんなが笑っている国を描こうというアイディアを思いついたことを思い出します。しかし、いつの間にかいえでででんしゃのことを思い出して、その絵を描き始めます。
熱に浮かされたなかで様々なイメージが繰り出されます。語られているのは今のことなのか回想なのか空想なのか夢なのか判然とせず、読者も高熱にとりつかれたように頭がクラクラしてきます。
やがてさくら子は、助けを呼ぶしゃしょうさんの声に応じて、いえでででんしゃに乗ってみんなが笑っている『幸せ町』に出かけます。みんなが笑顔とか『ミッドサマー』かよとお思いのみなさんがお察しのとおり、こんな世界が理想郷なはずがありません。物語はディストピア探訪記となります。
ここからは、あさのあつこの本領発揮です。人を押さえつけるものに抵抗する闘争心をあらわにした、熱い物語が展開されます。

『紙の心』(エリーザ・プリチェッリ・グエッラ)

紙の心 (STAMP BOOKS)

紙の心 (STAMP BOOKS)

でも、幸せになれるんなら、わずかな犠牲じゃない?
(p162)

恐らく、その方が、己はしあわせになれるだろう。だのに、己の中の人間は、その事を、この上なく恐しく感じているのだ。ああ、全く、どんなに、恐しく、哀しく、切なく思っているだろう!
中島敦山月記』より)

多数の若者が生活している学校のような病院のような「研究所」と呼ばれる施設を舞台とする物語。ひとりの少年が、図書室の『プークが丘の妖精パック』にはさまれていたメモを発見します。それはある少女が書いたもので、ふたりはこの本の登場人物にちなんでダンとユーナと呼びあうようになり、本にメモをはさむかたちで文通を始めます。お互いの正体を知らないままふたりは恋心を募らせていきます。

本のデザインや設定から、ディストピア臭しか漂ってきません。若者たちはそれぞれ深刻な事情を抱えてこの「研究所」へやってきたようですが、なかなかその全容は明かされません。やがて、「研究所」の秘密をめぐる危険な冒険が開始されます。
ふたりのやっているとこは。紙を読むことです。お互いの容姿も知らないので、そのあたりは想像で補いながら読み進めていくことになります。これは、読者のしていることとよく似ています。書簡体小説の特性を利用して、読者を物語に参加させ没入感を高める工夫になっています。
紙のメッセージのやりとりをしていることから、ユーナは自分の心は紙でできているのだとたとえます。そもそも人の情念のこめられた文字が記された紙は、強力な呪物です。読者が手にしている本も、ダンとユーナの心のレプリカであるということになります。
人の心が紙であるとするならば、それはあまりに脆弱なものにみえます。やろうと思えば読者も、心のレプリカである本の紙を破いたり燃やしたりすることで、簡単にダンとユーナの心を破壊することができます。しかし、本当に紙の心はそんなにもろいものなのでしょうか。侮られた紙の心の意地が、この作品の読みどころになります。