『イカにんじゅつ道場 ただいま弟子ぼしゅうちゅう』(香桃もこ/作 岡田よしたか/絵)

イカにんじゅつ道場 ただいま弟子ぼしゅうちゅう (福音館創作童話シリーズ)作者:香桃 もこ福音館書店Amazonイカスミを利用したり、砂や海藻に同化して隠れたりするにんじゅつを極めたイカが、にんじゅつ道場を開きます。はじめに弟子入り志願してきたのは、…

『すこしずつの親友』(森埜こみち)

すこしずつの親友作者:森埜 こみち講談社Amazon親友ができないことを悩んでいる「わたし」は、伯母さんに相談します。すると伯母さんは、旅行先でのささやかな出会いの体験を次々と語り、「すこしずつの親友にならすぐにでも出会える」と説きます。 親子や教…

『グレイッシュ』(大島恵真)

グレイッシュ (文研じゅべにーるYA)作者:大島恵真文研出版Amazon第58回講談社児童文学新人賞佳作を受賞した大島恵真の、受賞後第一作。受賞作の『107小節目から』と同様の、重苦しい毒親小説です。 中学2年のみゆるは、両親が美大出で父がカメラマン母がデザ…

『タブレット・チルドレン』(村上しいこ)

タブレット・チルドレン作者:村上しいこさ・え・ら書房Amazonコンピューターでマッチングされたペアでタブレット上のAIの子どもを育てるという校外学習プログラムに参加させられた中学2年生の物語。クラスカースト下位で漫画家志望の女子心夏は、勝手に自分…

『くまのピエール』(イブ・スパング・オルセン)

くまのピエール作者:イブ・スパング・オルセンこぐま社Amazonデンマークのぬいぐるみ童話。ちょっと頑固で思いこみの激しいくまのピエールが巻き起こすほほえましい騒動が描かれます。 第1話は、おもちゃ屋で番犬代わりに置かれていたピエールがスティーヌと…

『生まれかわりのポオ』(森絵都)

生まれかわりのポオ作者:森絵都金の星社Amazon背中に黒ぶち模様のハートマークを持つ猫ポオは、ルイにとって生まれたときからの親友でした。9歳の時にポオを喪ったルイがポオに再会したいと落ちこんでいると、小説家のママが『生まれかわりのポオ』というル…

『スクラッチ』(歌代朔)

スクラッチ作者:歌代朔あかね書房Amazonバレー部キャプテンの鈴音と美術部部長の千暁、ふたりの中学3年生が交互に語り手を交代し、コロナ禍の夏の出来事を語っていきます。鈴音は猛獣系の女子で、なぜか道ばたに落ちていることが多いという変なキャラづけが…

『ばーちゃる』(次良丸忍)

ばーちゃる作者:次良丸 忍金の星社Amazon光希の母親は、死者の映像を立体的に映す未来型の遺影の開発に携わっていました。それに死者のデータを入力することで、動きや会話の再現も可能にすることを目指していました。光希はその手伝いで、亡くなった祖母の…

『ごいっしょさん』(松本聰美)

ごいっしょさん作者:聰美, 松本国土社Amazon妖怪に詳しいことが自慢の関洋太は、ふだんあまり接点のなかった宮本修也から突然話しかけられてとまどいます。宮本修也の用件は以前おばあちゃんから聞いたという妖怪「ごいっしょさん」について知りたいというも…

『カメレオンのレオン ないしょの五日間』(岡田淳)

ないしょの五日間 (カメレオンのレオン)作者:岡田 淳偕成社Amazon獣人(?)たちが暮らす異世界と小学校がつながっているという『選ばなかった冒険』を連想させる設定の「カメレオンのレオン」シリーズの第3巻。 第1話の「ピョンの魔法」は、ふたごのウサギ…

『ちいさな宇宙の扉のまえで  続・糸子の体重計』(いとうみく)

ちいさな宇宙の扉のまえで: 続・糸子の体重計作者:いとうみく童心社Amazon異様に人間の器のでかい小学5年生細川糸子を中心としたクラスの人間模様を連作短編の形式で描いた『糸子の体重計』で、いとうみくは2012年にデビューしました。それから10年経ち児童…

『予測不能ショートストーリーズ 部活動編』(にかいどう青)

予測不能ショートストーリーズ 部活動編作者:にかいどう 青,タダノ なつ講談社AmazonジャンルはSFもホラーもファンタジーもなんでもあり、路線もギャグからシリアスまでの振れ幅の激しいショートストーリーシリーズも、もう第3巻。にかいどう青の爆走はもは…

『恋愛問題は止まらない』(吉野万理子)

恋愛問題は止まらない作者:吉野 万理子小学館Amazon野球部のアイドルが色恋沙汰でやらかしたことをきっかけに監督が部員に丸刈りを強制するという噂が学校内を駆け巡ります。リレー形式で語り手が交代し、騒動が広まるさまが描かれます。 並の児童文学作家で…

その他今月読んだ児童書

落語少年サダキチ(よん) (福音館創作童話シリーズ)作者:田中 啓文福音館書店Amazon時をかける落語少年の受難を描く『落語少年サダキチ』の待望の約3年ぶりの新刊が登場。少しブランクがあっても、田中啓文のギャグセンスと語り芸、鯉沼恵一のタイポ芸は相変…

『りりかさんのぬいぐるみ診療所 わたしのねこちゃん』(かんのゆうこ)

りりかさんのぬいぐるみ診療所 わたしのねこちゃん (わくわくライブラリー)作者:かんの ゆうこ,北見 葉胡講談社Amazon高原の森のなかに診療所をかまえてぬいぐるみを修復するお医者さんりりかさんの物語の第2巻です。カバーイラストの、人のいない夜の空間の…

『ふたごチャレンジ!2  マスクの中に、かくしたキモチ?』(七都にい)

ふたごチャレンジ!2 マスクの中に、かくしたキモチ? (角川つばさ文庫)作者:七都 にいKADOKAWAAmazon現代版とりかへばや物語の最前線、「ふたごチャレンジ」シリーズの第2弾。ふたごのあかねとかえでは転校先の学校で入れ替わって過ごすことにして、その嘘を…

『小梅の七つのお祝いに』(愛川美也)

小梅の七つのお祝いに作者:愛川 美也講談社Amazon第61回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。 小学一年生の小梅は、忙しい家族にほったらかしにされがちで、七五三も後回しにされていました。11月の日曜日に小梅は、黒牛に導かれて神社から不思議な世界に迷いこ…

『スペシャルQトなぼくら』(如月かずさ)

スペシャルQトなぼくら作者:如月 かずさ講談社Amazon『カエルの歌姫』(2011・講談社)や『シンデレラウミウシの彼女』(2013年・講談社)など、「L」「G」「B」「T」と簡単にラベリングできないセクマイを描いてきた如月かずさは、10年代のこの分野の児童文…

『末弱記者』(森忠明)

末弱記者作者:森 忠明株式会社TuuleeAmazon森忠明の小説の単著は、1997年の『グリーン・アイズ』以来もう四半世紀ぶりということになるのでしょうか。森忠明は、自身の少年時代をモデルにした自伝的・あるいは私小説的な作品ばかりを書き続けてきた特異な作…

『空から見える、あの子の心』(シェリー・ピアソル)

空から見える、あの子の心作者:シェリー・ピアソル童心社Amazonはぐれ者のエイプリルは、同級生との関わりを避けるために下級生の世話をする『友だちベンチ』係に志願しました。エイプリルが気になっているのは、エイプリルよりさらに変わり者のジョーイ。あ…

『その一言から生まれる物語 ああ、もうダメだ!』(日本児童文学者協会/編)

ああ、もうダメだ! (その一言から生まれる物語)偕成社Amazon「もうだめだ」という一言からは、どうしてもしまっちゃうおじさんのことを思いだしてしまいますよね。本の扉のイラストでもorzしていますし。この巻は、タムラフキコのイラストの迫力も印象に残り…

『その一言から生まれる物語 えっ、ウソみたい?』(日本児童文学者協会/編)

えっ、ウソみたい? (その一言から生まれる物語)偕成社Amazon「ウソみたい」なことがテーマのアンソロジー。そのなかから特におもしろかった作品をいくつか紹介します。 村上しいこ「人間やめますか」 子どもが突然ワニに変身してしまうという導入はカフカ。…

『その一言から生まれる物語 もうサイアクだ!』(日本児童文学者協会/編)

もうサイアクだ! (その一言から生まれる物語)偕成社Amazon「サイアク」という一言がテーマのアンソロジー。そのなかから特におもしろかった作品をいくつか紹介します。 令丈ヒロ子「小さな呪いなら」 呪いのアプリをめぐるホラー。アプリの性質を理詰めに検…

『レッツもよみます』(ひこ・田中)

レッツもよみます作者:ひこ・田中,ヨシタケ シンスケ講談社Amazonひこ・田中とヨシタケシンスケによるレッツ・シリーズの第5弾。今回のテーマは「よむ」ことです。 5歳のレッツは、とうさんが絵本を読むのを「うるさく」思うようになりました。さらに母さん…

『SNS100物語 黒い約束』(にかいどう青)

SNS100物語 黒い約束 (講談社青い鳥文庫)作者:にかいどう 青,モゲラッタ講談社Amazon闇と百合とミステリのマエストロにかいどう青の青い鳥文庫での新作は、SNSのグループで百物語をする子どもたちの物語。語り手の中学2年生エルモがその美貌を崇拝している女…

『もう、子どもじゃない?  はじめてのなやみ、はじめての恋』(福田裕子/作  高橋幸子/監修)

もう、子どもじゃない? はじめてのなやみ、はじめての恋 (角川つばさ文庫)作者:福田 裕子KADOKAWAAmazon小学5年生女子たちの初恋模様を描いた物語形式の性教育本。ダイエットや生理の悩みといった普遍的なことから、性交の同意についてといった踏みこんだ内…

『火守』(劉慈欣)

火守作者:劉 慈欣KADOKAWAAmazon世界的ベストセラーSF『三体』で知られる劉慈欣の、現時点で唯一の童話作品だそうです。 劉慈欣著・池澤春菜訳・西村ツチカ絵。思わず二度見三度見してしまうような豪華な布陣です。こんな強い布陣が許されるのか、なんらかの…

『あの子のことは、なにも知らない』(栗沢まり)

あの子のことは、なにも知らない (teens’best selections 61)作者:栗沢 まりポプラ社Amazon貧困家庭の子どもを写し取った『15歳、ぬけがら』で鮮烈なデビューを果たした栗沢まりの5年ぶりの新作であるというだけで話題性十分の作品です。 卒業生の成長を記録…

『ライトニング・メアリ 竜を発掘した少女』(アンシア・シモンズ)

ライトニング・メアリ 竜を発掘した少女作者:アンシア・シモンズ,カシワイ岩波書店Amazonライトニング・メアリ 竜を発掘した少女久しぶりに純度の高い「少女」を摂取した気がする。年取って丸くなってからコカコーラ一気飲みして「っかー??」みたいな読後感…

『ガラスの顔』(フランシス・ハーディング)

ガラスの顔作者:フランシス・ハーディング東京創元社Amazon表情を持たない人々が生活する地下の洞窟都市カヴェルナを舞台としたファンタジー。チーズ作りの匠に助けられた記憶喪失の少女ネヴァフェルは、階層世界であるカヴェルナを駆け回り、都市を揺るがす…